株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

株式投資を始めるための元手はいくら必要?30万円から【サラリーマンでも株はできる】

 

株ってお金持ちの特権だと思っていませんか?

 

そんなことはありません。

管理人は普通のサラリーマンでしたが、株をはじめて収益をあげることが出来ました。

 

しかし、最初にある程度の資金が必要なのも事実です。

この辺がお金持ちにしか出来ないイメージにつながっているのでしょう。

 

ですがサラリーマンとして貯金可能な金額で、十分に株をはじめられます。

実際に自分もサラリーマンとして働きつつ、貯めたお金で株をはじめています。

お金持ちにしか出来ない、なんてことはありません。

 

もちろんお金を貯めるための我慢とかは、必要ですけどね。

 

では株をやるためには、どれくらいの元手があるといいのでしょうか?

管理人の初期資金もふくめた具体的な金額を記事にしました。

そして管理人がどうやって、資金を貯めたのかについても合わせて書いています。

 

株式投資の資金はいくら必要?

 

管理人はサラリーマンの給料から貯めたお金で株をはじめて、いまでは株からの収入が給料を超えるところまで来ました。

 

自分の経験からみても、サラリーマンでも株は出来るといって、良いかなと思っています。

では具体的には、どれくらいの金額があればいいのか。

まずは、そこから書いていきましょう。

 

株をやるためには、お金はいくらあれば良いのか

 

株をやるために必要な金額。

はじめにぶっちゃけると、最低でも30万円は必要です。

 

ただ30万だと、制限が多くなってしまいますね。

可能であれば、100万円は欲しいというのが本音です。

もし更に手元資金が多く、200万あれば言うことはありません。

自分の初期資金は200万位でした。

 

資金額についてまとめると

 

株投資の必要資金
  • 30万円  = ギリギリなんとか
  • 100万円 = 必要十分
  • 200万円 = これだけあれば最高

 

さて、どうして100万円以上あるといいのでしょう?

それは、分散が出来るからなんです。

分散というのは、一つの株へ全資金をいれるのではなく、複数の株に分けるということです。

 

出来ることなら株は、3つ以上へ分散したほうがいいと思います。

分散することでリスクを低減することが出来るからです。

 

株の購入金額は会社によっても異なりますが、だいたい1つ買うのに20万から30万くらいが多い印象です。

そのため100万あれば、3つに分散する事が出来ます。

 

200万あれば、金額が高い株を買っても、3つ以上買えます。

そのため、100万円で必要充分。

200万で完璧なのです。

 

100万円あった方がいい理由は、分散ができるため

 

 

最後にもう一つだけ。

たまに資金が多い方が有利と考えている方がいますが、それは違います。

 

資金が多いとむしろ、マイナス面のほうが大きかったりします。

正直なところ、資金が100万円だろうが、1億円だろうが変わりありません。

むしろ資金が100万円のほうが、やり易いくらいです。

 

この辺はぜひ誤解しないで頂きたいと思っています。

株はお金持ちが有利なゲームではありません。

 

資金を確保するために、まずは一生懸命に働いた

 

さて続きまして、管理人がどうやって200万円の資金を貯めたかについてです。

管理人も含めたほとんどの人は、お金を得る方法は労働になるのではないでしょうか。

 

この労働が・・シンドイですよね・・・

実のところ管理人も、働きたくないと考えていました。

そもそも株を始めた理由の一つに、「働きたくない!」がありましたしね。

 

でも株の資金を作るためには、一生懸命に働かないといけません。

働かないために働くって、ある意味では矛盾してますよね。

でもそれしか無いんです。

だから管理人と同様に働かないために株をはじめようと考えている方も、経済的自由を実現するためにまずは全力で働いてみませんか?

 

まずは一生懸命に働くしかない

 

次に支出の削減を実施

 

投資資金を確保するために、まずは必死に働きました。

でも働くだけだと、なかなかお金が残りません。

 

管理人が次にしたこと。

それは支出の削減です。

この支出の削減は確実に成果が出ますし、すぐに効果が感じられます。

 

さてこんなことを書いていて何ですが、実のところ自分は節約が大の苦手です。

コツコツ系ではないんですよね。

 

そのためまずは『生命保険の見直し』や、ほとんど使っていないのに『毎月費用がかかっている物を解約』して行きました。

たいした金額でもないし「面倒だからいいや」って、そのままになっている支出が、よくみるとあるんですよね。

 

これらは一度解約や見直しをしてしまえば、それ以降はずっと節約できるので効果が高いです。

手間も最初だけで済むので、面倒臭がりな管理人でも出来ました。

 

固定費の削減は手間が少なく効果が高い

 

費用対効果は大事

 

節約の第一歩として固定費の削減をしました。

では次にどんな節約をしたのかというと、ぶっちゃけあんまり節約しませんでした。

 

こんな事を書いていると、ほんとに節約している方に怒られてしまいそうですが・・・

自分個人の考えとしては、食費や光熱費の削減はしなくてもいいのかなと思っています

 

理由としては。

まず食事は健康を維持するのに必要なので、削減すべきではないと考えています。

そして光熱費はかける手間に比べて効果が小さく、割にあわないと思っています。

効果の小さな節約に時間を使うくらいならば、収入を増やすほうに労力をむけた方が、より多くの資金を確保できると考えました。

 

節約は効果の大きい物に絞って、”残りの時間は収入のアップや投資の勉強に使った方が効率がいい”と思ってそうしていました。

こんな節約下手でポンコツな管理人でも200万円の資金を確保できたので、ブログを見て下さっている読者の方でも可能だと思います。

重要なのは、本気になれるかどうかでは無いでしょうか。

 

投資初心者の方向けの記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

投資・お金-投資初心者の方向け カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ