株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

【2019年】トレジャー・ファクトリーの株主総会へ行ってきました。目指しているのはサービス業?!

2019年5月29日に東京の御茶ノ水で開催された、トレジャーファクトリーの株主総会へ出席しました。

その内容についてレポートします。

基本的には以前から発表されていたものを確認した形なのですが、会社の目指している方向性の部分で少しビックリする驚きがありました。

 

 

トレジャー・ファクトリーの株主総会へ行ってきました。

 

もともと管理人は、ここの社長さんや経営陣にとても良い印象を持っています。

ホームページに載っている社長さんも誠実そうですし、株主に対する情報開示や還元にも積極的で株主のほうを向いた経営をしてくれています。

今回の株主総会へ参加して、このイメージがどうなるのか不安半分の期待半分でした。

 

実際に参加すると以前からのイメージ通りに、社長さんは誠実にビジネスへ取り組んでいる印象です。

この社長さんならば無茶な経営はしないだろうな、信頼が出来そうだなと思いました。

こういった印象って、投資において思っている以上に重要なんですよね。

 

株主総会の内容まとめ


f:id:kabujinse:20190529094219j:image

株主総会の会場につくと、会場内の広さはそんなでもありませんでした。

ただ他社の株主総会に比べて、心なしか出席者のスーツ率が少なかったです。

管理人はいつもラフな格好で出席するので、アウェー感がなく居心地がよくてホッとしました。

個人投資家の人が多いのかな?

 

定刻となり。総会が開始されました。

話をする内容は事前に十分に練ってあるように感じます。

そのため会社からの発表内容に目新しいところは無かったのですが、気になったところを下にいくつかピックアップしました。

 

総会内容まとめ

 

1.カインドオルの売上総利益率は0.9%改善。売上は少し減ったが、利益率は大幅に改善した。

2.今後もドミナント戦略を継続しつつ、エリアの拡大も目指す

3.海外はタイの4店目を出店する。今後はタイ事業を拡大すると共に、次の国へ進出する準備も進めている

4.物流センターの増強は、より多くの買い取り商品を置くため(買取の限界が近付いていた)

5.デジタルクエストの買収はECの強化。将来的にはAIによる買取査定なども行なっていきたい。

6.トレファク引越しは引越し費用から買取金額を差し引く形。実際の引越しは地場の会社が行う。

7.支払い方法として電子マネーなどに対応していく。LINE Payは近日中に導入予定。

8.複合店である幕張店の進捗状況ついて。総合業態については想定通り。スポーツ業態は出足が遅かったが、徐々に顧客が増加していっている。

9.東証の変革については「意識はするが、無理せず堅実に拡大していく」

 

 

こんなところです。

また社長さんから、こんな感じの発言がありました。

「フリマアプリなどにより、リサイクルの普及や認知が進んだ為か、従来はリサイクルショップへは来なかった層が店舗へ来店するようになった」との話がありました。

たしかにフリマアプリは競合であると同時に、リサイクルへの意識が低い日本人に中古品を浸透させるのに一役買っているのかもしれません。

リサイクル市場自体もまだまだ伸び代がありそうですしね。

フリマアプリとリサイクルショップについては、【トレジャー・ファクトリーの理論株価と企業分析】という記事で管理人の考えを書いていますので、気になる方は是非にそちらをご覧ください。

 

もしかしたらリサイクルショップの先を見ているかもしれない

 

また株主の質疑応答の内容から、予想をしてなかった今後に関する可能性が浮かびました。

質問自体の内容としては、定款を変更した理由について教えて欲しいといったものです。

最初にその質問内容への会社からの答えを書いておきます。

 

  • [古物市場の運営、オークションの開催]を営む事業に追加 
    →これから取り扱い商品が増えて来たら自社で古物市場を運営する可能性もあるかも

  • [一般貨物自動車運送事業及び貨物軽自動車運送事業]を営む事業に追加 
    →配送や引越しなど

  • [宅地建物取引業]を営む事業に追加 
    →不動産売買

 

上記のような説明が一つ一つありました。

この中の宅地建物取引業を追加の話のときに、現在すでに介護施設と交渉中であるとの話があったのです。

これは介護施設へ入居者さんが入る時に土地や家なども含めて、一括で引き取りが出来るような準備を進めているといった内容でした。

 

『 ここから先は会社から直接の言及があった訳ではなく、管理人の考えとなりますのでご了解ください。』

 

この話を聞いて管理人は、ん??家や土地も買い取り???と思いました。

もしかしたらこの会社は、リサイクルショップの先を目指しているのかな??と感じたのです。

具体的には人が新生活を始める時に必要なサポートを、ワンストップで引き受けることを目指しているのではないかと思いました。

たとえば介護施設に入居する時には、不要なもの(土地や家なども含めて)を全て回収して、引越しも自社で行い、そして新居で必要な物もすべて提供するようなサービスです。

 

これってもし実現したら、すごい便利なんじゃ無いでしょうか。

だって引越しとか面倒ですもん。

引越し前には廃棄業者を呼んで、いらないものを捨てて。

実際に引っ越しして。

引越し先では新しい部屋の間取りにあった家具などを購入しないといけません。

これらをすべて一箇所で賄えたら、すごい楽だと思います。

 

トレファク引越しを始めた理由は単純に買取の強化かと思っていましたが、もしかしたらワンストップサービスを実現するための第一歩だったのかもしれません。

もしこれが実現したら、この会社の事業はリサイクルショップの運営ではなく、人の転居などを総合的にサポートするサービス業です。

これらは管理人の想像でしかありませんが、もしかしたらトレジャーファクトリーという会社はリサイクルショップの先を見ているのかな?と思った次第です。

 

お土産はありません


f:id:kabujinse:20190529154227j:image

ちなみに、お土産はありません。

少し前に無くなったみたいです。

代わりという訳ではないのでしょうが、飲み物が配られました。

事業説明会と合わせて結構な長丁場となりましたので、有り難かったです。

喉がカラカラでした。

 

まあ管理人はビビって、何も発言しなかったですけどね!

他の株主の皆様。的確な質問を有り難うございました。

 

トレジャー・ファクトリーの企業分析はこちらでしています↓↓↓

【3093】トレジャー・ファクトリー 理論株価と企業分析 - 株で人生変えたサラリーマンブログ

 

管理人の持ち株などを分析した記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

投資・お金-企業分析・理論株価 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ