株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

収入源が給料の一つだけで本当に安定?【副業の必要性】

JALに始まりシャープ・東芝と、日本を代表する企業が困難な状況に突入しています。

これほど有名な大企業でさえ、厳しい時代です。

こんな世の中でも、本当にサラリーマンは安定なのでしょうか?

 

管理人はサラリーマンが良い悪いのまえに、収入源が一つしか無いことが綱渡りの状態であると考えています。

もしかしたら同様に考える人も多くなってきて、最近の副業ブームがあるのかもしれません。

そこで過去の経験から副収入が必要であると考えた理由や、実際に副業をやってみて良かったことをまとめてみました。

 

副業をはじめて複数の収集源を持とう!

 

管理人はサラリーマン時代に、様々な経験をしてきました。

その経験から、たどり着いた結論が一つあります。

たどり着いた結論とは、『会社だけに依存しているのは危険』だということです。

 

今回の記事では、どうして会社に依存しているのが危険なのかについてを自身の経験から。

さらに株を副業に選んだことによる、メリットなども書いています。

最後に副収入を得られるようになって変わったことも、素直な気持ちで記しました。

副業を考えている人や、会社の将来性に疑問を感じているなど、悩めるサラリーマンのために少しでも役に立てばと思います。

 

この時代に収入源が1つしか無いのは、安定ではない

 

世の中では、「サラリーマンは安全」で「投資は怖い」と言われています。

ですが本当に、サラリーマンは安心・安全なのでしょうか?

 

サラリーマンは会社から支給される給料で生活しています。

ですがもし、会社の業績が悪化したら、どうなるでしょう?

業績低迷でボーナスがカット・ナシといった内容はニュースでも良く見ます。

ボーナスで済めばいいですが、最悪だとリストラなんて事もある時代です。

ここ最近だと早期退職の募集が流行っていますね。

この早期退職に応募して、その後に以前とおなじ待遇がもらえるのは一握りの人だけでしょう。

 

こうしてサラリーマンは会社の都合で、ある日突然に収入が減ったり、仕事がなくなったりするのです。

それは自分の生活も老後も、人生のすべてを会社に委ねてしまってることとイコールになります。

冷静に考えたら、これって怖くないですか?

自分の知らないところで、経営陣が舵取りを間違えたら、生活が出来なくなってしまうんです。

 

管理人もこんな経験をしました

 

給料が減ったり仕事が無くなったりするのは、なにも会社の業績だけで起こる訳ではありません。

企業方針の変更で事業再編が行われ、自分の所属する部署が無くなる可能性だってあります。

 

実はこれ、管理人がまえに勤めていた会社でもあったのです。

当時の自分は営業職として、とある会社の営業所にいました。

そこに40歳すぎの方が、営業マンの一員として転属してきたのです。

ここでは仮にAさんとします。

このAさんは20年以上も本社で内勤業務をされており、営業の経験はゼロでした。

先輩達がみんな嫌がったため、まだ20代の若手であった自分がAさんの指導係を勤めたので、強く記憶に残っています。

どうしてこんな転属が行われたかというと、勤めている会社の方針で本社移転が行われたからです。

本社が移設されることに伴って、業務の効率化もあわせて行われました。

具体的には、本社業務の一部が外部委託されたのです。

Aさんの部署は外部委託の対象となっており、部署が消滅。

その結果として管理人がいる営業所へ、営業マンとして転勤してきました。

 

会社が「今回の本社移転によるリストラはしない」と、発表していたのを良く覚えています。

しかし20年以上も内勤業務をしてきた人が、まったく勝手のちがう営業職をなんて…簡単には出来ません。

しかもですよ。

当時まだ20代の管理人に教えを乞わないといけないんです。

余程の覚悟がなければ難しいでしょう。

たしかに会社は…約束通りにリストラはしませんでした。

でも、これって事実上の・・・

管理人はこんな現実を見ているので、サラリーマンが安定だとは思えないんです。

 

リスクを下げるために分散する

 

さてここで少し話がそれますが、投資の世界での常識について説明したいと思います。

投資の世界では投資先を複数に分散することで、一つ一つの影響を小さくしてリスクの分散を行うのが普通です。

もし片方がダメになっても、もう片方が収益を上げればトントンですから。

しかしサラリーマンは一つの会社や一つの業界に、人生の全てをぶっこんでしまっています。

投資家の視点から見ると…これはとてもハイリスクです。

運よく退職するまで無事であればいいですが、今の時代にそんな保証はありません。

ですがもし副業収入を得ることが出来れば、収入源を複数に分散することでリスクの軽減ができます。

もし本業の給料収入が減ったとしても、副業収入はそのまま残るので、影響は半分で済むのです。

生活を切り詰めれば、不本意な転勤を断って退職になったり、給料が減ったとしても生活出来るかもしれません。

 

副業がなんであれ、リスクを下げるために重要なのは、複数からお金が入ってくるメドがあることです。

収入源が複数あることによって、周りの環境が変化することによる影響を受けにくくなります。

もし収入源が2つよりも更に多くなると、リスク低減効果はより高くなるでしょう。

しかし増えすぎたことで、一つ一つに目が届かなる可能性もあります。

そのため、まずは2つ目を作ることに専念することをオススメします。

2つ目が上手くいけば横に広げて、失敗したら別のものにチャレンジすればいいのです。

副業のために本業がおろそかになってしまっては、本末転倒ですから。

 

副業は本業とシナジーがあった方がいい

 

さてでは、何を副業とすればいいのでしょうか?

管理人の考えとしては、副業は本業とシナジー効果のある物がいいと思っています。

というのも完全にそれぞれが別であると、単純に二倍の労力がかかってしまい効率が悪いからです。

しかし本業でも活かせる内容であればムダがなくなり、自分の時間を最大限に有効利用することが出来ます。

 

実はこのシナジー効果が、副業として株式投資をオススメする理由の一つでもあります。

ただし株式投資といっても、長期投資でないといけません。

理由としては、株の長期投資が企業の業績を分析していくからです。

そのため副業として株の長期投資をすることで、必然的に売り上げや利益などの数字に強くなっていけます。

これはサラリーマンでも、ある程度以上の立場になると求められる能力です。

実際に私自身も、株の長期投資で得た知識が本業にいかされ、サラリーマンとしての評価が上がったこともあります。

 

収入源が複数あると心の余裕が出来る

 

最後に複数の収入源をもって変わったことを書いておきます。

副収入を得てなによりも大きかったのは、心の余裕が持てたことです。

 

『会社を首になったとしても、食べていける』

 

たったこれだけの事で、とても安心感があるんですよね。

そして心の余裕は、仕事にもプラスの影響を与えます。

 

管理人の場合には心の余裕ができて肩の力が抜けることで、周りの状況がよく見えるようになりました。

仕事に入れ込みすぎると視野が狭まり、マイナス面が大きくなってしまうんですよね。

あなたが一緒に仕事をしている同僚のなかにも、やる気がありすぎて空回りしている人はいませんか?

気楽にやれることで、そんな自分を冷静に見られるようになります。

 

それと良かった点をもう一つ。

副業をすることで、本業とは違う視点から世の中にかかわることになります。

サラリーマンはどうしても、自分の会社とその周辺だけの狭い世界で生きてしまいがちなんですよね。

自分も経験がありますが、狭い世界にいると世間の常識からずれて、わからなくなってしまう事があったりします。

仕事での悩み、会社での苦慮も、客観的に見ると、なんだこんな程度のバカバカしい事かと思うものです。

一歩ひいて見てみると、対策はいくらでもあるのです。

ただその事に気付けなくなっているだけだったりします。

 

さて最後に副業をはじめて良かったことについてツラツラと書いてみました。

もし記事を読んでなにか引っかかる所があった方は、副業にチャレンジしてみませんか?

上手くいくかはわかりませんが、その経験はムダにならないと思います。

 

お金に関する記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

投資・お金-お金 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ