株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

投資初心者や面倒なのが嫌な方にオススメの投資まとめ


投資って難しそうだし、自分にはムリと諦めてしまっている人はいませんか?

もしくは手間がかかって面倒そうだからと、敬遠していませんか。

それは、とてもとても勿体ないです。

 

たしかに一筋縄ではいかないような投資もあります。

しかし実は、ほとんど手間をかけずに出来る投資もあるのです。

今回はそんな手間や勉強が少なくてすむ投資をまとめてみました。

 

 

手間が少なく済む投資をまとめてみました 

 

投資をしている事を人に話すと、怖そうといった感想が多いです。

ですが同じくらい、「難しそう」「自分にはムリそう」と言われます。

しかしこれからの時代に、老後資金が年金だけというのも厳しいでしょう。

将来のためにも、いずれ投資が必要になってきます。

ですが定年を迎えてから、「さあ、はじめよう。」と思ってもナカナカ難しいものです。

そのため若い内から投資経験を積んでおくことを、管理人はお薦めしています。

そんな人の最初の一歩として、今回は比較的に勉強が少なく済んだり、手間の掛からない物を選んでいます。

手間がかからないですので、もちろん仕事との両立も簡単ですし、面倒は少ないが投資はしたい方にもオススメです。

 

記事で紹介する投資は以下のものです。

  • 個人向け国債
  • MMF
  • 株主優待
  • インデックス投資

初心者の方は「おっ?!」と思えて、興味が持てる物があったら、ぜひ挑戦してみてください。

新しい扉を開くときは誰しも怖いですが、それでも将来のことを考えたら、開始してみてもいい時期かもしれません。

 

個人向け国債とMMF

 

最初に個人向け国債とMMFをご紹介します。

この2つは、株のように大きな値動きがありません。

基本的には銀行預金と同じで、毎年や毎月の金利を受け取っていく投資商品です。

そのため値動きが大きな商品がいやな方や、金利を少しずつ貰いたい人にお勧め出来ます。

 

個人向け国債

 

個人向け国債は日本国政府が発行している債券になります。

銀行等でも販売しているので、勧誘を受けた方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。 

発行元が国であるため、その信用度はとても高いです。

 

この個人向け国債は、購入後に1年以上経過するといつでも解約出来るため、デメリットがほとんどありません。

そのぶん利回りに大きな期待は出来ませんので、高いリターンを求める方は他の金融商品の方がいいでしょう。

ローリスク・ローリターンの投資先になります。

 

ただし投資初心者の方には、銀行預金からのワンステップ上として丁度いい金融商品かもしれません。

個人向け国債は、定期預金の延長線上にある投資とのイメージをもって貰うといいと思います。

 

また個人向け国債には、幾つかのタイプがあります。

管理人としては今の金利状況ならば、「変動型10年」タイプがオススメです。

 

なお個人向け国債は、銀行や証券会社の口座から購入出来ます。

それと購入したら基本的に、ほっぽっておくだけです。

 

POINT
  • 銀行預金のワンステップ上として丁度いい
  • 購入して1年経てば、いつでも解約できる
  • 政府が発行しているので、信用度がとても高い
  • 利回りは低め

 

MMF

 

MMFとはマネーマネジメントファンドの略称です。

安全性が高く比較的に償還期日が短めの債券に投資を行っている信託になります。

こういうとちょっと難しいですよね。

ようはリスクの低い債券に、分散投資しているファンドです。

 

元本割れの可能性は0ではありませんが、その可能性は極めて低くなります。

MMFが元本割れする時は、世界の金融システムが壊滅状態になっているような非常時でしょう。

ぶっちゃけそのような事態の時には、銀行預金なども酷いことになっている可能性が高いと思います。

 

またこのMMFには、円建てのものや、外貨建てのものがあります。

円建てのMMFはその性質的に、銀行定期預金や個人向け国債に近い商品です。

しかし外貨建てにすると、為替の影響を受けるようになるので、外貨預金に近い性質になります。

 

実のところ管理人は、このMMFは外貨に投資したいと思っている方に、とくにオススメしています。

というのも外貨預金や外貨型の保険等に比べて、手数料がとても安いからです。

外貨預金や外貨建ての保険は、銀行や保険会社に中抜きされてしまうので、利益が出たとしても手元に入ってくるお金は減ってしまいます。

それに対して、このMMFは手数料として引かれる金額が少なくて済むのです。

 

今の時代は日本国の将来に心配して、外貨を持ちたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そういった方には手数料の観点から、外貨預金や外貨建ての保険商品などより、外貨建てのMMFの方がいいと管理人は考えています。

 

ちなみにこのMMFは、証券会社の口座等で購入できます。

これも為替変動による利益を出そうとしなければ、購入後は放置しておくだけです。

POINT
  • 円建ては銀行預金に近く、外貨建ては外貨預金に似た性質を持つ
  • 手数料が安いため、外貨へ投資したい人にとくにオススメ

 

株主優待

 

株主優待は企業の株式を保有することで、その企業から商品や割引券等を貰える制度です。

お米やクオカード・自社製品・割引券など沢山の種類があります。


f:id:kabujinse:20190404132327j:image

 
f:id:kabujinse:20190404132354j:image

 

写真は管理人が少し前に株主優待として貰ったお米です。

お米はいくらあっても困らないので、家計の助けになっています。

 

企業によって月は違いますが、特定の期日に株を保有していると、株主優待を貰う権利が獲得できるのです。

そして権利を獲得すると、数ヶ月後に株主優待が送られてきます。

株主優待は貰ったら嬉しいですし、さきほどのお米のように生活に役立つものが多いので、家族の理解が得られやすいです。

また管理人が貰ったのはお米ですが、お米以外にも企業によって様々な物を設定しています。

本当に色々ありますので、それを見て探すだけでもとても楽しいです。

ワクワクしますよ。

 

なお株主優待の権利確定日に株の買いと売りを同時に行って権利だけ取得し、その後に買いと売りを清算するクロス取引というのもあります。

しかし逆日歩など結構難しいので、初心者の方にはお薦めしていません。

 

POINT
  • 色々な商品があるのでワクワク出来る
  • 生活に役立つ物が多いので、家族の理解を得やすい

 

インデックス投資とは

 

最後にインデックス投資です。

このインデックス投資とは、インデックスファンド等を定期的に積み立てていく投資方法になります。

証券会社によっては、最初に定期購入するように設定しておくと、その後は自動的に買ってくれるようにも出来ます。

感覚的には積立預金みたいなものですね。

そのため最初に設定をしてしまえば、手間は最小限で済みます。

 

インデックスファンドとはどんなもの?

 

さてインデックス投資では、インデックスファンドを購入すると書きました。

ではそもそも、このインデックスファンドとは、どんなものなのでしょうか?

 

インデックスファンドがどんなものかについて、下に記載してみました。

インデックスファンドとは、指数に連動する投資信託等

この指数というのは日本でいえば【日経平均】、アメリカでいうと【ダウ平均】などの事です。

投資に馴染みのない方でも、聞いたことがあるのではないでしょうか。

こういった指数に連動するように作られた投資商品を、インデックスファンドと呼んでいます。

連動するようになっていますので、例えば日経平均株価が上昇すると、インデックスファンドの値段も上がる感じです。

 

このインデックスファンドは、指数に組み込まれている全てに広く浅く分散していることになります。(日経平均であれば225社へ分散)

そのため日経平均インデックスであれば、日本を代表する企業の225社すべてに投資していますので、日本経済全体が成長していく恩恵を受けとる事が出来るのです。

そして225社にも分散しているので、一つ一つの会社の個別事情による影響も小さくなります。

一つの会社で何かあったとしても、所詮は225分の1なので大したことありません。

これによって個別株投資のように、一個一個の企業を詳細に分析したりする必要性が無くなるのです。

だから購入後は、ほっぽらかしが出来ます。

 

もちろんリーマンショックのように、日本経済全体が大きな影響を受けるときには、連動している日経平均も大きく下がるので影響を受けることになります。

このようにインデックス投資とは、日本経済全体などの広い範囲に投資する投資方法です。

 

インデックス投資には様々な種類があります

 

続きまして、インデックスファンドの種類についてです。

さきほど日経平均やダウ平均を、インデックスファンドの例として出しましたが、先進国株式や新興国株式といったものもあります。

先進国株式はダウ平均などよりも更に広く、先進国全体へ分散して投資します。

するとアメリカやヨーロッパなどの先進国が成長する恩恵を得られるのです。

もちろん新興国株式を購入すると、今度は新興国経済が成長する果実を受けとれます。

それとこれらは、それぞれ単独である必要もありません。

例えば「日経平均インデックス」と、「先進国インデックス」「新興国インデックス」の3つに分散投資するとします。

そうすると日本と先進国・新興国のすべてへ広く浅く投資していることになるので、世界経済全体へ投資しているのと同等になるのです。

 

またここまでは株式系のインデックスを中心に話しました。

ですが他に、債券系のインデックスもあります。

債券寄りインデックスの場合には、国内債券にすれば銀行の定期預金に近くなり、外国債券であれば外貨預金や外貨建てのMMFなどに類似します。

もちろん株寄りのインデックスと、債券よりのインデックスを組み合わせて投資する事も可能です。

インデックスファンドの種類によっては一つ買うだけで、自動的に株と債権に分散してくれるような便利な商品もあります。

このようにインデックス投資とは自分が投資へ求めるものに合わせて、好きなようにバランスを取ることが出来るのです。

これがインデックス投資の魅力だと思います。

ちなみに管理人も先進国インデックスと新興国インデックスを積み立てていたります。

 

インデックス投資の魅力
  • ほったらかしにしても経済成長の果実を得られる
  • 攻めも守りも自分好みにカスタマイズ出来ること

 

また最後に、インデックス投資へ対する個人的な考えを一つ。

管理人はインデックス投資を行うときには最低でも10年以上、出来れば20年~30年の長期スパンで継続する必要があると考えています。

そのため生活に影響が無いような資金で行い、将来や老後の資金を獲得する目的で行うことをオススメします。

 

投資初心者の方向けの記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

投資・お金-投資初心者の方向け カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ