株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

【ネガティブは悪者ではない】短期的にはネガティブ、長期的にはポジティブがいい


世の中的には、ネガティブが悪者で、ポジティブは良いことのイメージがあります。

 

でも、本当にそうでしょうか?

 

私自身は、必ずしもそうだと思いません。

管理人が考えるポジティブ・ネガティブのいいバランスは、『短期的にはネガティブ』で『長期的にはポジティブ』です。

 

 

ポジティブとネガティブ

 

私がネガティブを悪者ではないと考えるようになった理由は、自分自身がネガティブ思考の持ち主だったからです。

 

ポジティブになりたいと憧れたこともありますが、今ではネガティブで良かったと思えています。

そういう考えに至った理由や、管理人の考えるネガティブとポジティブについてまとめてみました。

 

ネガティブは悪者ではない

 

まずそもそも、なぜネガティブが良くないと思われているのでしょうか。

 

自分自身のことを考えみると…たしかに余計なことを考えてしまったり、不安に思ったりと、いいことなさそうですよね…

ウジウジしてしまうこともありますし、ポジティブに物事を捉えられる人が羨ましいと、なんど感じたことでしょう。

 

ですが、今になって思うのです。

もしも自分がポジティブ思考の持ち主だったら、投資をはじめることは無かっただろうなと。

 

管理人が投資をはじめた理由の一つは、将来への心配です。

現状に、未来に、不安を感じ、なんとかしなければという焦燥感から悩み抜いて投資にたどり着きました。

 

そんな将来への不安から始めた投資ですが、今では投資だけでご飯が食べていけるようになっています。

これもネガティブ思考がもたらす不安によって、投資に出会えたお陰ですね。

こうして考えるとネガティブは、行動をうながす原動力になり得ると思うのです。

 

管理人がネガティブ思考の人間であったからこそ、不安を感じて、それが行動につながりました。

 

ポジティブは良いもの?

 

さて一方で、ポジティブは良いものと思われてますよね?

 

たしかにネガティブな自分から見ると、ポジティブ思考は本当に羨ましいかぎりです。

ポジティブな人を見て、何度いいなーと感じたことか。

 

しかしポジティブで不安が少ないということは、未来の不安を解消するための行動をしない可能性があるのです。

もし管理人が、ポジティブ人間であったなら…

不安を感じずに「なんとかなるでしょ」となって、いまでもサラリーマンの正社員として働いていたことでしょう。

 

こうして考えていくと、ポジティブがよくて、ネガティブが悪いのではなく、行動に繋げられるかが重要なんだと思います。

 

短期的にはネガティブ、長期的にはポジティブがいい

 

ではポジティブとネガティブは、どんなバランスがいいのかを考えてみます。

 

管理人が考える最高のバランスは、『短期的にはネガティブ』で『長期的にはポジティブ』です。

 

短期的にはネガティブなので、目の前の不安を解消するため、抱えた問題へ一生懸命に対応します。

管理人のケースでいえば、仕事やお金の不安を解消するために、投資を始めたことがこれに当たりますね。

 

そして自分自身の経験から、目の前の不安を一つ一つ解消することで、未来への不安を減らすことが出来ることを学びました。

管理人は投資をはじめたことで、老後資金の心配がなくなったのです。

このように行動することで、長期的には少しずつポジティブになっていけます。

 

未来は予測が出来ませんし、不確かな将来への不安に怯えて生きていくのは意味がありません。

だから将来へのネガティブ思考は、解決したほうがいいです。

ネガティブなのは、目の前の事に対してだけで充分ではないでしょうか。

 

ですから『短期的にはネガティブで、長期的にはポジティブ』がちょうどいいのです。

 

いま現在を一生懸命に生きて、行動することで、少しずつ未来への安心を得ていきましょう。

 

最も悪いポジティブとネガティブ

 

さて、最高のポジティブ・ネガティブ配置について触れました。

では悪いバランスとは、どんなものでしょう。

 

これは単純に、良いバランスの逆になります。

つまり『短期的にはポジティブ』で『長期的にはネガティブ』です。

 

このケースだと長期ではネガティブなので、将来への漠然とした不安をかかえています。

しかし短期ではポジティブであるゆえに「今はまだ、このままで大丈夫」となってしまい、不安解消のために現状を変える行動へつながりません。

 

さらに現状を変えるための行動を起こしていないので、未来への不安も減りません。

短期的にポジティブだと、長期的なネガティブを解消できないのです。

 

最後に

 

自分の経験からも、行動がともなわない未来への心配には意味がありません。

 

また人間が変えられるのは、今この瞬間だけであり、未来はこの瞬間瞬間の積み重ねの結果でしかありません。

もちろん行動したことで必ずしもよい結果になるとは限りませんが、それでも今を変える他に道はないのです。

 

そしてネガティブは、行動するための原動力になります。

だから短期的にはネガティブで、不安をかかえても問題ありません。

重要なのは、その不安解消のために行動できるかだけです。

さらに行動の結果として、長期的にはポジティブになっていけばいいのです。

 

最後に管理人の好きな言葉を一つ。

「朽ち果てた過去を悔やむより、生まれてもいない未来を恐がるより、今この瞬間を精一杯に生きよう」

 

管理人のサラリーマン時代の経験についての記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

サラリーマン人生 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ