株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

○○ショックで株価が暴落するとき、長期投資家は分散して耐えるしかない

 

現在はコロナショックにより、株価の暴落が続いています。

自分のように長く投資に携わっていると、何度このような目にあったことか…

最近だと年に一回くらいは、何とかショックが来る印象です。

 

ただこれまでの経験から、こういった状況のときムリに動くのはマイナスな事が多いです。

自分のような長期投資家は分散を行って、じっと耐えるしかありません。

 

厳しい株価暴落について

 

本当に厳しい暴落が続いていますね。

ここまで酷くなるとは、思いませんでした。

 

機械取引が増えた影響か、一度下げはじめると止まらない印象です。

昔はこんなに酷くなることは、たまーにしか無かったんですけどね。

 

この記事を見てくれている人で、激しい下げにあっている方もいらっしゃるかもしれません。

でも心配しないでください。

 

一人では、ありません。

すくなくとも自分は、一緒に痛い目をみています。

管理人なんて資産の95%以上を株にぶっこんでいる変人ですから、痛みはなかなかの物です。

 

一年の内で資産が増えるのはわずかな期間だけ

 

さてさて株価を見たくない日々ですが、管理人はいま株を手放すつもりはありません。

 

これには理由があるのです。

長く株式投資に携わっている方なら感じているかもしれませんが、一年のうちで大きく資産が増える期間はわずかしかありません。

 

せいぜい数週間か、長くても一ヶ月程度しかない印象です。

そのため損失を回避するために株を手放すと、「資産が増える数週間」を逃してしまう可能性が高くなります。

そうすると、利益はちょびっとしか得られません。

 

株式市場は気分屋さんなんです。

あるとき突然に気分が変わりますし、いつ変わったのかも後々になってみないと分かりません。

 

そのため○○ショックのときに右往左往すると、たいていはマイナスです。

長期投資家は株式市場の気分に付き合わず、ただじっと「風が変わるのを待つ」しか無いのです。

 

しんどいですけどね・・・

 

中国関連株には注意しましょう

 

さて今回の暴落は、個人的にホッておいていいと思っています。

肺炎に一度かかった人は免疫を持つでしょうし、そのうちワクチンも出来るかもしれません。

 

その為これほどの爆発的な状況は、何年も続かないでしょう。

もちろんウイルスが変異したりする可能性もありますけど…

 

しかし問題は中国なんですよね。

さすがに中国経済は、あぶないかもしれません。

ただでさえ弱っているところに、今回の肺炎直撃ですからね…

 

とくに中国に進出していて、中国での売り上げ比率が高い企業には、注意したほうがいいと思っています。

企業業績に大きな変化が起きてくる可能性を視野にいれましょう。

 

また韓国などの、中国依存度が高い国も危険かも…

 

持ち株の会社が、なにかあった時に耐えられるだけの十分な財務状況であるか。

自身の株式ポートフォリオが、中国市場への売上に依存していないか。

要チェックかもしれません。

 

株をしている中で感じたことなどは、こちらで記事にしてあります↓↓↓

人生-株人生 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ

 

投資初心者の方向けの記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

投資・お金-投資初心者の方向け カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ

 

管理人の投資手法や投資に対する考え方は、こちらでまとめてあります↓↓↓

投資・お金-投資手法・考え方 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ