株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

OATアグリオの理論株価と企業分析【長期投資の視点から】

管理人の持ち株をご紹介しています。

今回はOATアグリオという、農薬などの提供を行っている食料関連株です。

 

管理人はいままでに外食株を保有していたことはありますが、食料・食材の会社に投資したことはありませんでした。

しかし今回はこのOATアグリオと、もう1つ別の食材会社の株を購入しています。

 

ちなみに購入してから株価は下がり続けて、なかなかの含み損です。

そんな中、買い増しを続けていたりします。

さてさて、花が開くのはいつ頃になるのでしょうか。

 

 

理論株価と企業分析

 

理論株価 5097円 

(理論株価はDCF法を元に独自のアレンジを加えてあり一般的な理論株価よりも低く出る傾向があります)

 

投資をしていると、「お金なんて所詮は紙切れだし、最後に強いのは食料を作っている人だ!」と思ったことはありませんか?

 

管理人はたまに、そう感じることがあるのです。

投資をしていると毎日毎日、「世界経済が崩壊するかもしれないよ」というようなニュースを見せられるからかもしれません。

実際に崩壊するとは思えないんですけどね。

 

そんな理由から、もともと食べ物を作ることに興味がありました。

「最後はどこかで自分の食べるものを、自分で作って暮らしたいな」なんて考えています。

いつになるかは、わかりませんが・・・

また、日本では食べ物が有り余っているので実感が出来ませんが、世界的には食料が足りていない状況です。

世界人口もどんどん増えていくと思われ、食糧不足の傾向は今後さらに強まるかもしれません。

 

企業分析

 

このOATアグリオという会社は、農薬や肥料を製造販売しています。直接的に食料を作っているのではなく、その手助けをする会社です。

上場したのは2014年と最近ですが、大手企業の子会社であった時代も入れると企業としての歴史は意外と古くなります。

 

現在この会社は、大型買収による財務の悪化や予想に届かなかった決算により株価が急激に下がっています。

管理人はそんな中で、昨年末頃よりコツコツと同社株を買い集めていました。

現状の株価であれば、リスクとリターンの点から割にあうと考えたからです。

全資産をこの会社の株にかけるような事はお勧め出来ませんが、ポートフォリオの一角に忍ばせておくにはいい銘柄だと思います。

 

株価急落の原因となった決算や財務状況について、一つ一つ見ていきたいと思います。

 

2018年12月期決算と財務状況

 

  (百万円)  
売上 15,278 前年比 108.2
営業利益 1,756 前年比 93.3
純利益 1,256 前年比 96.8

 

前期の決算は増収減益と振るいませんでした。

予想に届かなかった理由として会社から発表されたのは、買収先企業の販管費が増加したためとなります。

実際の業績数字をみても粗利益などはむしろ前年より改善しており、利益が減少したのは会社の発表通りに販売管理費の増加によるものでしょう。

 

株価が急落したもう一つの原因に来期予想が悪かったこともありそうなので、こちらも見ていきたいと思います。

来期の売上見通しは229億円(前年比50.5%増)、営業利益18億円(前年比6.4%増)です。

たしかに数字だけを見ると、今ひとつパッとしません。しかし決算書に試験研究費を5億円増加させるとも書いてあります。

営業利益が18億円に対しての研究費が5億円増です。

試験研究費の中でどの程度が来期の費用に組み込まれているかはわかりませんが、のれん償却費があることも考えると、思っているほど悪い業績予想では無いのかもしれません。

成長のための投資を加速させている感じだと思います。

 

財務状況について

 

次に財務状況についてです

  • 自己資本比率  53% →  25%
  • 固定比率    41% → 212%
  • 流動比率   223% →  76%

 

たしかに財務状況は急速に悪化しています。

しかし元々が好財務であったので、壊滅的とまでは言えないかもしれません。もっと酷い会社は山ほどあります。

 

ただ短期で返済する必要のある債務が16,271百万に対して、現金性資産は7,609百万と、短期的に資金不足に陥る可能性がありそうです。

増資が懸念されているのは、この辺からなのでしょう。

 

管理人的には「壊滅的に悪い財務ではないが、増資が行われる可能性はある」といった感じです。

そのため増資が行われた場合の影響についても考えました。

 

増資が行われた場合の影響について

 

OATアグリオは大型の企業買収を行ったことで、増資の懸念がされています。

多くの株ホルダーさんにとって、増資されるのか?それともされないのか?は気になるところなのかなと思います。

増資されるのかどうかについては、正直なところ管理人にもわかりません。

そのためもし仮に増資されたとして、その増資が良い増資なのか悪い増資なのかについてを考えてみたいと思います。

 

良い増資の3条件が揃っているか

  1. 更なる成長のための増資であるか(クリアー)
  2. PBRは1倍以上か(現在PBRは0.96 倍であるので微妙)
  3. 増資によって得た資金が十分な利益をあげられるか(来期の予想を見る限り、何とも言えない感じ)

 

条件のうちの1つはクリアーで、一つはトントンです。

3つ目の条件は、来期の決算予想をみても不透明と思われます。

そのためもし増資が行われた時にいい増資になるかは、これからの経営陣のウデにかかっていると思われます。

この会社は上場してからの日も浅いために、過去の状況から推測するのも難しそうです。

管理人は経営陣を信じて、当面はゆっくりと待つつもりです。

もちろん先行きが怪しいと感じたら撤退します。ただそれは、まだまだ先の話になるかと思います。

 

 増資についての管理人の考え方はこちらで記事にしていあります↓↓↓

長期投資家から見た、良い増資と悪い増資【持ち株の増資が発表された時にどうするのか】 - 株で人生変えたサラリーマンブログ

 

農薬について

 

農業における農薬や肥料の使用については、いまでも賛否両論です。

しかし世界人口は今後も増加傾向であるにもかかわらず、更なる耕地面積の拡大は困難であると言われています。

そのため増加する人口の胃袋を満たすためには、農業生産力の向上や効率化は避けて通れないところなのかなと考えているところです。

 

そのため食料の増産の技術を開発しているOATアグリオは、人間が生きていくために必要とされる会社であると管理人は考えて投資しました。

出来るだけ環境や人間に優しい薬剤や技術を開発してくれることを願っています。

 

株主優待


f:id:kabujinse:20190729172654j:image


f:id:kabujinse:20190729172706j:image

 

園芸用品が優待でもらえます。

1500円相当とのことですが、管理人は園芸をやらないので、正直なところ価値がわかりません…

人を選ぶ優待になるのでしょうか。

 

権利確定が12月

100株以上の保有でもらえます。

1年以上の保有で、さらにクオカード1000円が追加されます。

管理人は一年たっていないので、優待品だけでした。

 

株主総会に行ってきましたので、こちらで記事にしました↓↓↓

【2019年】OATアグリオの株主総会へ行ってきました - 株で人生変えたサラリーマンブログ

 

企業別の分析や理論株価はこちらでまとめてあります↓↓↓

投資・お金-企業分析・理論株価 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ