株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

投資の種類も色々あるが、株だけやっていれば他はいらないと思う

 

投資とひと口に言っても、株にFX、不動産や金などと種類がたくさんありますよね。

最近だと仮想通貨も、その一つかもしれません。

 

これだけあると、どれをやるのが良いのか迷ってしまいます。

あれやコレやと複数に手を出して、分散するのが最適?

それも一つの考え方だと思います。

 

ですが自分は、株だけやっていれば他は必要ないんじゃないかなーっと、考えています。

その理由について、今回は記事にしました。

 

 

株は大半の事業をカバーしている

 

企業が上場すると、株は一般公開されます。

そうすると、その会社の株を証券口座などで簡単に、購入することが出来るようになるのです。

個人でも、上場しているすべての会社の株を買うことが可能です。

 

この上場している企業は、日本だけでも数千社があります。

代表的なところだと、ユニクロやソニーなどですね。

もちろんユニクロもソニーも、まったく商売の内容が違いますし、他にもたくさんの会社があります。

株はこういった色々な会社が、選び放題なんです。

 

さらにアメリカなど多くの外国でも同様に、株売買のシステムが整備されています。

つまり株式投資は、買う株をかえるだけで簡単に、色々な業種や国へ投資が出来るのです。

 

これが株の最大のメリットであり、管理人が『株だけやっていれば他の投資はいらないんじゃない?』と考える理由です。

 

さまざまな業種へ分散

 

株は簡単にさまざまな業種へ分散が出来ます。

 

たとえば不動産に投資したいと思えば、不動産事業で利益を出している会社に投資すればいいのです。

わざわざ自分で借金を背負って、不動産を買う必要もありません。

不動産事業に熟練した、その会社の社員の人がかわりにやってくれます。

 

FXだって将来性があると思うなら、わざわざ自分でやらずに、運営会社の株を買っちゃえばいいじゃないですか。

 

レストランなども同様です。

自分でやらなくても、レストラン経営を熟知した経営者や社員の人が、店舗を運営してくれます。

あなたが従業員を探すこともありませんし、食材の仕入れ先と交渉する必要もありません。

 

流行りの人工知能もITもおなじです。

それぞれの有望な企業の株を買うだけで済みます。


だから株だけやっていれば、不動産でも飲食店でも、ITでも自由自在なのです。

自分が将来性があると思う事業をやっている、会社の株を買うだけです。

 

海外へも分散

 

最近は日本企業の多くが、海外へ進出しています。

そのため日本の大手企業の株をいくつか買っておけば、自然とアメリカや新興国にも分散していることになります。

 

アジアなどは成長余力が大きいと言われていますが、自分で新興国ビジネスをするのは困難でしょう。

でも株なら、少ない資金で、しかも簡単に、新興国の成長の恩恵を受けとれます。

 

もちろん海外の会社の株をじかに買えば、もっと確実に海外への投資ができます。

ただ税金などの点で、面倒なところがあるんですよね。

アメリカ株なら、マネックス証券を使えばなんとかなりますが。

 

もし外国企業の株へ直接投資がしたいのであれば、投資信託などの海外株インデックスが個人的にはオススメです。

 

今回の記事は以上になります。

いかがでしたか。

株って意外と簡単で万能じゃないですか。

 

お金にかかわる記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

お金 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ