株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

自己投資って本当に必要?【お金を使うだけでは自己投資にならないと思う】


管理人は世間での流行に疎いのですが、どうも巷では自己投資が流行っているみたいです。

アチコチで自己投資をした方がいいとか、自己投資にはこれがオススメ!と見かけます。

管理人の耳に入ってくるくらいなので、同様の内容を見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ただ投資家として日々活動している管理人からすると、今の自己投資という言葉の使われ方には違和感があります。

どんなところに違和感があるのかについて、今回は記事にしてみました。

 

そして違和感を紐解いていくと、そもそもいま世間で言われているような自己投資って本当に必要なのかな?

とも思うようにもなったのです。

その理由についても書いてみました。

 

 

 自己投資ってなんだろう。必要なのかな?

 

そもそも自己投資って、なんなんでしょう?

管理人は投資家ですから、投資というからには興味がそそられます。

啓発本とかで見かけるのは、例えば「給料を貰ったらその内の何割かは自己投資に使いなさい」といった内容でした。

管理人は給料の何割かは投資(ここでいう投資は株などの金融投資です)に回した方がいいと思っていますから、それと似たような物なのでしょうか?

もうちょっと突っ込んでみると、何か違うものも見えてきてしまいました。

 

自己投資という言葉の使われ方に違和感がある

 

自己投資についての内容をメディアなどで見ると、すごく違和感がありました。

その違和感がなんなのかを、ずっと考えていたのです。

そしてようやく、その違和感の正体がわかりました。

 

それが何かというと。

自己投資 = 必要な知識や経験を高める

のではなく、

自己投資 = 自分にお金を使う

に置き換わってしまっているように感じるからでした。

ほとんどの内容が、自分にもっとお金を使いなさいと薦めています。

 

ですが重要なのは、お金をいくらかけるかではないですよね?

 

自分を高めるのにお金の大小は関係ない

 

管理人はサラリーマンとして頑張って働いてきました。

今は正社員を止めてしまいましたが、当時はそれなりに評価されていたと思っています。

ですが自己啓発セミナーなどに行ったことはありません。

今でも必要だとは思っていないです。

もちろん勉強はしましたが、本屋さんに売っている本で十分でした。

 

仕事以外でもそうです。

自分自身も投資を初めて、それだけでも食べていけるようになりました。

しかし投資の勉強も本屋さんで普通に売っている本や、ブログを見たりしただけです。

高額なセミナーや勉強会に行ったことなんてありません。

本当に特別な事は、なにもしていません。

 

本屋さんに売っている本の中にも、素晴らしいものが沢山あります。

良いものを見分ける目は必要だと思いますが…

本の値段としても普通の価格です。

1冊あたり千円とか、2千円とか、その程度ですが、それで十分でした。

そういった本も、月にせいぜい二~三冊くらいしか読めません。

月間で5000円もかからなかったです。

 

また本だけでなく、最近だとブログで非常に役に立つ内容を書いてくれている方も一杯います。

これらブログを見て知識を増やすことも出来ます。

別にお金はかかりません。

(このブログもそんな風に役立ててもらえるよう精進していきます)

 

自分自身の経験からも、何かを学ぶのに必ずしもお金が必要ではないと考えています。

まあたしかに一部で…お金をかけないと学べないものもあるとは思います。

しかしどちらかといえば、高額な資金がないとムリなもののほうが特殊ではないでしょうか。

それなのにメディアでは自己投資が必要で、自己投資としてやたらとお金を使ったほうがいいと薦められています。

 

これって、もしかしたら……ただの商売なんじゃないでしょうか?

企業がお金を使って貰うために、もっともらしい理由を付けているだけかもしれないなーっと。

そう感じてしまいます。

 

お金を使うと学んだ気になってしまう

 

自己投資として高額を使うことには、マイナス面もあると思っています。

それは、お金をいっぱい掛けると、頑張っている気になってしまうことです。

お金を使うと、やった気がしてしまうんですよね。

ですが、重要なのは中身です。

高額だから良いわけではありません。

 

まあそんなことは、みんな分かっているのでしょう。

しかし頭では分かっていても、ついつい高いもののほうがよく見えてしまうのだと思います。

しかし仮に勉強会などにいっても、ある程度の知識や経験がないと、そもそもなにを言っているのか理解出来ないと思います。

そのため最初は、身近にあるものでスタートしてみるのはどうでしょうか。

それで物足りないと思うようになってから、お金をかけていくのです。

高額を使うのは、それからでも遅くないと思います。

 

本当の自己投資にするためには

 

本当の自己投資にお金の大小は関係ありません。

では本当の自己投資にするには、どうすればいいのでしょうか?

 

それは、自己投資のためにかける費用とそこから得られる利益を計算して、プラスになる可能性があるものに絞ることだと思います。

投資的にいうならば、リターンを期待するということです。

管理人は投資家ですから、やっぱりリターンを期待出来ないものは投資とは呼べないと思うんですよね。

そのためには何をするかよりも、なにを成し遂げるために投資するかが重要になると思っています。

 

たとえばヨガをするとしても、ただヨガをするだけなら趣味になってしまいます。

しかし将来的にヨガ教室を開くためならば、それは投資になる可能性があるのではないでしょうか。

その自己投資の先に、どんな未来を思い描いているかが重要なのだと思います。

それが趣味や浪費と投資を分ける境目になってくると考えているのです。

 

管理人のサラリーマン時代の経験についての記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

サラリーマン人生 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ