株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

長期投資家から見た、良い増資と悪い増資【持ち株の増資が発表された時にどうするのか】

 

持ち株で増資が発表された!!

 

投資家としては「ヒィィ」となるケースですよね。

増資というのは、投資家から悪者扱いされがちです。

まあ実際に増資が発表されたり、増資するかも?といった噂が流れるだけでも、多くの場合には株価が下がりますから…

嬉しい物ではありません。

 

たしかに短期的な視点で見ると、増資は1株利益の低下要因となります。

株価というのは短期の見通しを織り込む物なので、それで株価が下がるのでしょう。

 

ですが長期投資家から見ると、必ずしも増資は悪者ではありません。

一部の増資はマイナスではなく、株主に利益をもたらすポテンシャルをもっています。

 

良い増資と悪い増資

 

株式投資の世界で戦っている限り、持ち株が増資されたり、増資の噂がでるというケースは避けては通れません。

そういった時に撤退をするのか、それとも様子をみるのか、判断が必要になります。

その判断を下すためには、その増資がいいものなのか、それとも悪者なのかを見極めないといけません。

今回の記事ではそういった判断を行うための材料について、管理人なりにまとめてみました。

 

良い増資となるための3つの条件

 

増資というのは投資家にとって嬉しい物ではありませんが、必ずしも全てが悪というわけではありません。

なかには投資家に利益をもたらす、良い増資もあるんです。

そんな良い増資になるための3つの条件を以下に示しました。

 

1.更なる成長のための増資はいい増資

 

・現状を維持するための増資は悪い増資

 ⇒利益が増えるわけでは無いからです。

・事業を拡大するための増資は良い増資

 ⇒利益を増やす可能性があるからです。

 

売り上げや利益の増える見込みがない増資は、株主の得にはなりません。

当たり前ですが。

こういった増資は固定費が重くて、さらに競争力を維持するため、新しい機材を入れる必要がある業界で起こりやすいです。

航空業界などが代表例ですね。

航空会社に必須の飛行機は、1機を買うだけでも目が飛び出るくらいに高いです。

だからといって新型飛行機を入れずに、機体が古くなると競争力が落ちてしまいます。

そのため、どうしても入れ替えが必要になります。

こうして現在の売上を維持するために、多額の費用を投入し続けないといけないのです。

その結果として収益の増加に繋がらない、株主にマイナスしかない増資が起こります。

 

対して事業の拡大や、新規事業を行う資金とするための増資は、将来的に収益増につながる可能性があります。

つまり株主にとって、プラスとなる可能性があるのです。

そのため長期的に見ると、こういった売り上げを増やすための増資は、良い増資になるポテンシャルを持っています。

 

2.PBRが1倍以上であること

 

最初に結論からとなりますが、実はPBRが一倍以上で増資するとBPSは増加するのです。

そのため増資後も同じROEのビジネスが出来れば、将来的には一株利益も増えることになります!

ただし、注意の必要な点があります。

それは増資した資金を使った事業から実際に利益があがるのには、どうしても時間が掛かってしまうことです。

そのため短期的な視点で見ると、BPSは増加しますが、一株利益は低下します

この一株利益の低下が、株価下落をまねくことが多いのです。

増資が悪者扱いされがちなのは、この辺が理由ですね。

 

さて、ではなぜPBRが1倍以上で増資するとBPSが増加するのでしょうか?

それについては下に記しました。

 

PBRが一倍以上であるとBPSが増える理由

 

ここからは少しややこしい話です。

そのため細かい事は気にしないのであれば、PBRが一倍以上で増資するとBPSが増えると覚えておけば良いと思います。

 

理由について説明するために、仮想企業の増資前の指標と10%増資後の指標を一例として下にあげました。

 

  • 発行済み株式数   100株 → 110株
  • 1株純資産(BPS)  50円 → 54.5円
  • 純資産総額    5000円 → 6000円
  • 株価        100円
  • 株価資産倍率(PBR)  2倍 → 1.8倍

 

この例のようにPBRが1倍以上の時に増資すると、1株あたりの資産(BPS)は増えるのです。

理由としては、10株分の増資を行なっており、株価は100円ですので、増資により純資産は1000円増えることになります。

つまり、株式数は10%しか増えていないのに、純資産は20%増えるのです。

1株当たりの純資産が50円なのに、増資分は1株100円が入ってくるので、差額の50円分が純資産に上乗せされています。

 

3.増資によって得た資金を活用して利益をあげられる

 

最後に3つ目の条件です。

3つ目の条件については、1つ目・2つ目の項目でもちょこっと書いていたりしますが…

増資が株主に利益をもたらしてくれるのは、増資によって得た資金が活用されて十分な利益をあげられるときだけになります。

 

この3つ目の条件は評価が難しいんですよね…

項目1つ目・2つ目の「成長のための増資であるか」、「PBRが1倍以上であるか」の2つは、簡単に〇×が判定出来るかと思います。

しかし3つ目の増資資金が投入された先が十分な収益をあげられるかは、判断が難しいケースが多いのではないかなと経験的に感じるところです。

 

あくまで管理人の場合にはですが、増資が発表された時に3つ目の条件を満たすか直ぐに判断が出来なくても、その後の決算をみながら経過をみていくことが多いです。

それで増資資金がムダになっているようなら、撤退や一部の損切りに踏み切ります。

 

まとめ

 

短期投資家にとっての増資は、ほぼすべて悪でしょう。

極一部の過度に期待が高まるようなレアケースを除けば、不利益しかありません。

 

しかし長期投資家にとって、ある条件をクリアーしている増資は、株主に利益をもたらせてくれる可能性があります。

その株主に利益をもたらす増資の3条件を、以下にまとめておきました。

 

良い増資になるための3条件
  • 更なる成長のための増資である
  • PBRが1倍以上
  • 増資によって得た資金の投入先が十分な利益をあげる

 

これら3つの条件を満たした場合には、いい増資になり得る可能性があります。

管理人は持ち株の増資ニュースが流れてしまった時には、そのニュースを前にしてじっくりと自分の投資スタイルを見つめ直し、その増資がどんなものかを調べて様子見か撤退を判断しています。

 

<補足>

最後にですが、増資というのは本質的にコストの高い資金調達方法です。

そのため理想を言うならば、銀行借入などのほうが増資よりもベストになります。

良い増資であればマイナスにはなりませんが、銀行借り入れには劣るということです。

 

管理人の投資手法や投資に対する考え方は、こちらでまとめてあります↓↓↓

投資・お金-投資手法・考え方 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ