株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

銀行預金が安全ではなく危険性がある理由【預金の仕組みとリスク】


投資は危険だが銀行預金は安全。

 

そう考えている人が、多いのではないでしょうか。

でも実のところ、銀行にお金を預けるのは、投資をするのと大きな差がないのです。

 

そもそも銀行預金とは、どのような性質のものなのか。

そしてそこには、どんな危険が潜んでいるのかについて、投資家からの視点でまとめてみました。

 

銀行預金は本当に安全なのか

 

投資をしていることや株を買っていることを人に話すと、色んな方から「大丈夫?」「やばくない?」と言われます。

 

そういわれる方の多くは、株は怖いが、銀行預金は安全であると思われているようです。

しかし管理人は、銀行預金には少なからずリスクがあると思っています。

皆さんが考えているほど、安心なものではありません。

どうして安全ではないのかについて、これから一つずつ説明していきたいと思います。

 

でもその前に、『そもそも銀行って、どんな仕事をしているの?』から始めていきます。

 

管理人が考える銀行の業務

 

そもそも銀行とは、どういった事業を行っている会社なのでしょうか?

 

銀行って身近にあって、多くの人が使っているものなのに、そういわれると意外とわからないものです。

そこで管理人なりに、銀行の仕事がどんなものかについて考えてみました。

 

 

まず銀行は、我々から預金という形で金銭を預かっています。

この預金サービスは、ほとんどの人が利用しているのではないでしょうか。

ではその預かったお金を、銀行はどうしているのでしょう?

 

じつは「資金を必要としている人」や、「会社」「団体」などへ貸しています。

個人へ貸すケースは、住宅ローンや自動車ローンに化けるわけです。

そしてもちろん企業にも、事業資金として貸し出しています。

まあ最大の借り手は、国なんですけどね…

つまり我々の預金は、銀行を通して誰かに貸し出されているのです。

 

では銀行の業務が何かを考えると

銀行とは、「お金を借りたい人」と「お金を貸したい人」の間をつなぐ仲介業に近いと管理人は考えています。

イメージとしては不動産屋さんです。

不動産屋さんは「家を貸したい人」と「家を借りたい人」を結びつけて、手数料をもらうことで収益を上げています。

銀行は「お金を貸したい人」と「お金を借りたい人」の仲介をして、その金利差で利益を稼いでいます。

もちろん銀行の業務はそれだけでは無いため、あくまで一面からみるとですが。

 

こうして考えてみると銀行は、決してお金の倉庫ではありません。

銀行にお金を預けるということは、銀行へ委託して誰かにお金を貸してもらっている事になります。

投資をしているのと、大差はありません。

そして、その対価として、預金金利が貰えるのです。

 

これには当然ですが、リスクがあります。

 

銀行預金のリスク

 

では銀行預金のリスクにはどんなものがあるのでしょうか。

 

まず私たちはお金を、銀行に預金という形で貸している訳なので、銀行が経営破綻したときには預金は返ってきません

もしかしたら一部は返ってくるかもしれませんが、破綻する位の状態なので期待しないほうが良いでしょう。

 

ただしここで、一つポイントがあります。

実のところ日本では、一般の預金は国によって保護されているのです。

1000万円までは、国が預金を守ってくれる制度があります。

そのため仮に、銀行が破綻したとしても1000万円までは無事で済むのです。

これは1つの金融機関毎になるため、複数の金融機関へ1千万ずつわけて預金すれば、さらに多くの預金を守ることが出来ます。

 

それなら銀行預金は安全ではないかと思われるかもしれませんが、1千万円を超える部分についてはもちろん保証されません。

そして銀行預金がかかえるリスクは、これだけではありません。

むしろもう一つのリスクが、銀行預金でもっとも怖いのです。

 

お金の価値は変動する

 

昔は初任給が1万円だったなんて、聞いたことがありませんか?

 

十円もあれば豪華な食事ができた時代もあります。

物価は、お金の価値は、変動するのです。

今まで100円で買えていた物の値段が150円になったとすると、お金の価値がそのぶん下がったことになります。

これが物の値段があがる、インフレです。

いくら額面の100円が変わらないとしても、その100円で買える物の量が減ってしまえば、結果的に資産が減ったのと変わりありません。

 

 

そして銀行預金は額面は守られますが、お金の価値までは保証されません。

つまり銀行に預けているうちに、いつのまにやら実質的な資産が減ってしまう可能性があるのです。

額面は変わらなくとも、その『購買力が減少』してしまうのです。

これが銀行預金の抱えている、もっとも怖いリスクとなっています。

 

ただし逆に、「物の値段が下がるデフレ」になると、同じ100円で今までよりも多くの物が買えます。

つまりお金の価値が上がるのです。

日本では長くデフレが続いていたので、銀行預金にはいい時代でした。

 

国はインフレにしようと頑張っている

 

ここ最近は政府や日銀が一生懸命に、デフレの逆で物価が上昇するインフレにしようと頑張っています。

 

実際にインフレになるかはわかりませんが、管理人自身は「ここのところ身近な物の値段が上がっている」と、感じることが増えてきました。

皆様はどうでしょうか。

 

じつはインフレになると銀行預金の金利も上昇するため、物価の上昇による影響を緩和してくれます。

ただし物価の上昇に金利は追いつかないことが多いため、銀行預金はインフレが進むなかでは購買力を低下させてしまう可能性が高くなります。

とくに今は政府が物価を一生懸命に上昇させようとしつつ、日銀が力ずくで金利を下げているため、影響が大きくなってしまうかもです。

 

※銀行預金はデフレに強いがインフレに弱い

 

株はどうなのか

 

ここで少し株の話をしたいと思います。

 

インフレになると物の値段が上がるので、それらを販売している企業の売上はとうぜん上昇します。

100円で売っていたものを150円で販売することになるので、そのまま売り上げが増えるのです。

 

そして株価は長期的には業績に連動するため、企業の売上の増加に伴い、株価は上昇することになります。

インフレになると株価が大きく下落することもありますが、それはインフレに伴う「不況」によって株価が一時的に下がるだけと管理人は考えています。

景気が改善すれば、不況の改善+インフレ効果で急激に株価が上昇するのです。

基本的にインフレは株価の上昇要因となっています。

 

※株はインフレに強い


資産の守り方

 

先ほどなぜ株の話をしたかというと、資産防衛を考えるうえで必要だからです。

上に記載した銀行預金と株のはなしから、『銀行預金はデフレに強く』『株はインフレに強い』のです。

 

そのため資産を守るという観点からは、預金(債券)と株を半々に持つのが良いのかなと思っています。

 

※資産を守るなら株と預金を半々にするのがオススメ

 

手間を掛けないようにするのであれば、資産の半分は株のインデックスファンドを購入。

残り半分の資産は、銀行預金(もしくは個人向け国債)にするのはどうでしょうか。

株のインデックスファンドは、出来れば一気に買わずに少しずつ購入していくのがお薦めです。

インデックスファンドについては、こちらの記事で触れています↓↓↓

投資初心者や面倒なのが嫌な方にオススメの投資まとめ - 株で人生変えたサラリーマンブログ

 

ちなみに管理人は資産の95%を株にしている変人なので、そういった運用はしていません。

これには理由もあって、実は20年とか30年の長期スパンでみると、株はもっとも安全な資産になるのです。

普通の人にはオススメしませんが…

 

お金に関する記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

投資・お金-お金 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ