株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

新型BMW Z4の納車後、半年レビュー。機能や装備・使い勝手、不満点も【スープラ共同開発車】

 

早いもので、BMWの新型Z4が納車してから半年がたちました。

そこで普段使いしてみての感想や、機能面・装備などについてまとめてみます。

 

ちなみにですが、日常生活での使用も可能でしたよ!

自分はこういったスポーツカーが初めてだったので、ドキドキでしたが…

もちろん不満点もありますけどね。

 

 

BMW新型Z4を日常使用してみて

 

新型Z4に乗っていて気付いたことに、装備や機能、使い勝手をかいていきたいと思います。

 

大まかに記事の前半は、安全装備や収納などの便利装備についてで、後半が乗り心地や静粛性など運転しているときに関する内容です。

 

安全・快適装備や収納、見栄えなど

 

ではではまず、安全装備である自動ブレーキから、はじめて行きたいと思います!

全体としては、なかなかのボリュームになってしまいました。

 

自動ブレーキは単眼カメラ


f:id:kabujinse:20190813012206j:image

 

自動ブレーキのカメラは単眼です。

新型3シリーズが3眼カメラであることをアピールしているので、おそらくはそれよりも性能が劣るのでしょう。

 

ただBMWを何台か乗り継いでいる身からすると、カメラの反応速度などが良くなっている気がします。

運転していて前車が急にブレーキを踏むなど、ちょっと危ないなと思う場面では、すでにシステムのほうも反応しています。

 

ソフトウェアなどが進化しているのかも。

まあBMWはこの辺の宣伝をあまりしないので、正確なことは分からないんですけどね…

 

快適装備は充実しています

 

f:id:kabujinse:20191230134257j:image

 

シートヒーターは標準装備されています。

オープンカーですからね。ないと困ります。

 

ただシートベンチレーションは、オプションでもありません。

ですが、エアコンがとてもよく効くので、なくても問題ありませんでした。

まあ、シートベンチレーションがあれば、その方がいいんでしょうが。

 


f:id:kabujinse:20191231180925j:image

 

アラウンドビューモニターも、オプションでも設定がありません。

ただし、センサーは全方位でついています。

上の写真はセンサーの画像です。

もちろんバックモニターもあり、同時に表示してくれます。

 

個人的には、センサーとバックモニターで充分ですね。

アラウンドビューモニターって、ものによってはゴチャゴチャして見にくかったりしますし。

 

またバックで駐車する時に、障害物へぶつかりそうになると、自動でブレーキがかかるシステムが搭載されていました。

この機能は設定で、オンオフ出来ます。

こういうのって他社だと積極的にPRするのに、BMWはしないんですよね。

スポーティーカーにこれだけの装備が載っているのは、なかなか無いのに…

 

スイッチ周りの見栄えは進化。アンビエントもついています

 

f:id:kabujinse:20190813144523j:image

f:id:kabujinse:20190813144535j:image

 

ハンドルまわりのスイッチ類は、デザインや配置が変わっています。

昔のにくらべて、見た目がよくなっていました。

 

それと好みはあるのでしょうが、個人的にはとても使いやすいです。


f:id:kabujinse:20190915133410j:image

 

ライト関係のスイッチ類は、見栄えが向上しています。


f:id:kabujinse:20190812195013j:image

 

アンビエントライトの演出は控えめです。

ですが、雰囲気はけっこういいですよ。

運転を楽しむ車なので、こんなもんでいいのかな。

 

アンビエントライトはスポーツ以上のグレードに、標準装備されています。

 

ドリンクホルダーや収納など

 

f:id:kabujinse:20190812132606j:image

 

ドリンクホルダーは肘を置くあたりについています。

半分だけ開くので、飲み物をおいても肘置きが使えます。

この辺はよく考えられてますね。

 

ただ位置的に、飲み物が取りにくいです…

 

f:id:kabujinse:20191231164743j:image

 f:id:kabujinse:20190813012240j:image

 

ネットがついていて、荷物が置けます。

これがとても便利なんですよねー。

使い勝手をよくするために、様々な工夫がされています。

 

ちなみに置くものよっては、走っているときに右へ左へシャーシャー動きます(笑

 

トランクの広さは?


f:id:kabujinse:20190915133055j:image

 

トランクについてです。

写真のようにカバン2つが余裕ではいるので、二人旅行なら十分にいけると思います。

開口部もひろくて使い勝手もいいです。

サイドにポケットもついていて、意外と便利です。

 

こういったタイプの車で、これだけトランクが使いやすいのは、少ないんじゃないかな。

 

乗り心地や静粛性、クルーズコントロールなど

 

まずは運転の楽しさですが、これは最高です。

4シリーズもいい車だったんですが、比べ物になりません。

まあ自分が初めてスポーツカーに乗るので、余計にそう感じるかもしれませんが…

 

そして運転の楽しさと、安全を支えてくれているのが、素晴らしい出来のブレーキです。

とてもよく止まるんですが、必要なときに必要なだけ効いてくれます。

コントロールしやすいんです。

Mスポーツブレーキがついていますが、これは付ける価値があると思います。

 

また、オートブレーキホールドも付いています。

これがあると、信号待ちなどの停車中にブレーキから足を離せて、とても楽なんです。

とくに混んでいるときに、威力を発揮しますね。

 

ですが、車が停止すると自動的にかかる仕様のため邪魔に感じることも…

ブレーキを踏み込んだ時だけ作動するなど、自分でコントロール出来ると、より便利なんですけどね。

 

まあオートブレーキホールドは、スイッチ一つでオンオフ可能なので、必要ないときは切ってしまえばいいだけです。

それに慣れると、気にならなくなりました。

 

乗り心地や静粛性

 

乗り心地はやっぱり、4シリーズに比べると悪いです。

まあ車的にも、ある程度は仕方がないですよね。

問題は乗り心地が、許容範囲内なのかどうかです。

 

個人的な感想になってしまいますが、ガタガタはするけど疲れるほどではありません。

いまのところ同乗者からも、とくに不満はでていません。

 

静粛性も気になるところですよね。

ソフトトップですし。

静粛性も4シリーズに比べると、外の音が入ってきます。

そのため静か…とは言えないですね。

 

でもなんというか、静かではないけど、静かな感じなんですよね。

なんと表現したらいいのか…

不快じゃないというか。

耳障りで嫌な音だけカットされてる。そんな印象です。

 

メーターにヘッドアップディスプレイ

 

f:id:kabujinse:20190813144507j:image

 

メーターは賛否両論がありそうですね。

慣れてくると見難いと感じることはなかったです。

最初は、とまどいましたが…

 

そもそもヘッドアップディスプレイが便利すぎて、メーターをみる機会があまりありません。


f:id:kabujinse:20190813012258j:image

 

そのヘッドアップディスプレイが上の写真です。

停車中に写真撮影をしているので表示されていませんが、速度はもちろん、ナビ情報に制限速度も表示してくれます。

情報量がとてもおおいです。

ヘッドアップディスプレイのおかげで、メーターやナビモニターを見る回数が激減しました。

 

いまは法律も厳しくなりましたし、安全上もあって損はないと思います。

ちなみに40iは標準装備で、20iだとオプションです。

こういった装備をのせていくと、40iと20iの金額差がなくなってきて、なら直6にとなってしまうんですよね…

典型的な商法にのせられてます。

 

オートクルーズコントロールの性能は?

 

オートクルーズコントロールを使っていて、不具合などは今のところまったくありません。

まあもともと、4シリーズのころから充分に高性能だったので違いがわからない感じです。

 

ちゃんと停車までサポートしてくれますが、ハンドルアシストなどはありません。

ちなみにスポーツ以上のグレードには、標準装備です。

スタンダードだと停車機能のない、性能の劣るクルーズコントロールになるみたいです。

 

装備関係はほんとうに充実しています。

 

最後に運転しているときの装備として、カタログのどこにも載っていないものを一つ。

60km以上で走行中に車線をはみ出しそうになると、車線を維持する方向へハンドル操作をアシストする機能がついていました。

以前のBMWではハンドルが振動して警告するだけでしたので、すこし進化していますね。

 

なんかハンドル操作に違和感があって、気づいたんですよね。

こういった機能があることが分かっていれば、むしろとても便利な安全装備です。

もっとアピールしても、いいんじゃないかな…

 

不満点

 

Z4を普段使いして気になる一番は、車高の低さです。

これには気を使う場面がありますね。

 

ですがこの半年間で、入れなかったコンビニや、スーパー・施設などはありませんでした。

もちろんスピード落とすとか、出入口の真ん中付近を通るなどの気を使ってですけどね。

 

これは自分がはじめて、こういったスポーツカーに乗るからもあるんだと思います。

もともと乗っていた人にとっては、大したことではないんでしょう。

 

ほかの不満点として、構造上の問題なんでしょうが、汚れがたまりやすい部分があります。


f:id:kabujinse:20191118121949j:image

 

まずはホイールです。

素晴らしい出来のブレーキなのですが、とにかくブレーキダストがすごい。

ホイールはすぐに真っ黒になりますね…

 

もしかしたら、Mスポーツブレーキがついているせいかもしれません。

ノーマルブレーキだと、どうなんだろう。

Mスポーツブレーキは40iだと標準装備で、20iのMスポーツではオプションになっています。 


f:id:kabujinse:20191118121959j:image

 

ほかに汚れがたまりやすいのは、たとえば写真のところです。

ドアを開けた時の下側ですね。

 

乗り降りするときに触れる部分なので、けっこう気になります。

掃除をしても、雨が降るとすぐに汚くなってしまうんですよね…

 

ほかにも構造的に水がたまりやすい部分がいくつかあります。

そこに汚れが残りやすいです。

デザインや走りを優先した結果なんでしょうね。

 

新型Z4の納車時の記事はこちらです↓↓↓ 

BMW新型Z4がついに納車。カラーはアルピンホワイト【スープラの兄弟車】 - 株で人生変えたサラリーマンブログ

 

BMWや車関連の記事はこちらでまとめてあります↓↓↓

 人生-車人生 カテゴリーの記事一覧 - 株で人生変えたサラリーマンブログ