株で人生変えたサラリーマンブログ

市場の上げ下げに付き合わない長期投資を実践しています

説明や考えを相手にうまく伝えられない人は、詳しく話そうとしすぎているかも

管理人は相手に自分の考えを伝えたり、ある内容について説明するのがとても下手で苦手意識がありました。

しかし仕事柄それが求められて、すごく苦労してきたのです。

 

そんな四苦八苦のなかで学んだ伝わらない理由。

そして自分が苦労したがゆえにわかる、上手に伝えられない人の特徴を記事にしました。

 

 物事や自分の考えを相手に伝える時に気を付けること

 

管理人はどうも思考する時の行程が人と違うようです。

自分の頭の中で考えていることを、そのまま相手に伝えると誰も理解してくれませんでした。

そのため相手に自分の意思を伝えるのに、今も苦労しています。

そんな経験と学んだことが、誰かの役に立てばと書き記しました。

最初に管理人の経験からになります。

 

人に説明するのが苦手な事に気付いた

 

管理人が自分の頭の中で考えていることを相手にそのまま話すと、伝わらないことに気付いたのは中学生の頃です。

その時代は何故に理解してもらえないのか、管理人にはわかりませんでした。

当時はどうして伝わらないかの理由は不明でしたが、相手に理解して貰えて無いことは分かっていました。

ある意味では一番苦しかった時代です。

 

それから考えている内容をそのまま話すと伝わらないので、「自分で考える時」と「相手に話す時」で思考を切り分けるように段々となっていきました。

結果として話す前に内容を自分の頭で整理してから話すようになったのです。

その後は少しずつ良くなっていきましたので、話すのが得意でないことを自覚するのも大切かもしれません。

 

相手ではなく自分を基準に話していた

 

管理人が説明をするのが苦手だったころは、自分に向かって話をしていたんだと思います。

自分自身に話しかけるように。

相手の知識や理解度を考慮せず、自分と同じであることを前提にしていたということです。

相手に伝えるには、話をする相手の理解度や知識などに合わせる必要があるのですが、当時は自分基準に合わせていました。

 

極端な例を一つ。

「赤ちゃんへ話しかける時」と「大人に話す時」では内容も話し方も変えませんか?

それは赤ちゃんに対して、大人と同じ内容や話し方をしても伝わらないからだと思います。

しかし相手も大人だったりすると、ついつい「これ位はわかっているでしょ?!」を前提に話をしてしまうのです。

それで伝わらないと・・・

 

考えてみれば当たり前なんですけどね。

これまで生きてきた道も違いますし、学んできたことも異なるのですから。

それでもついつい、相手が自分と同じ事を知っている前提で話してしまうのですよね。

 

管理人は今でも話をするのは得意でないですが・・・

気を付けているので、なんとか普通レベルにはなれたかな?と思いたいです。

 

伝わらない時に詳しく話しては駄目

 

自分自身が話すことが苦手で試行錯誤しただけに、うまく伝えられない人がいると気になるのです。

注意を向けて見ていると、話す時に主語や述語が抜けてしまっている人も見受けられます。

ただそれ以外に伝えるのが上手でない人には、特徴があることに気付きました。

 

その特徴とは。

相手に伝わらないと「より詳しく、より細かく」説明しようとしてしているのです。

ですが自分の経験上、

理解してもらえない相手に更に多くの情報を出してしまうと、よけいに相手を混乱させてしまいます

伝わらない時はむしろ、

「より簡単」に「シンプル」に「一言で説明」しないとダメなのです。

これは意外とやってしまう間違いかもしれません。

 

管理人はこの「自分ではなく相手に話す」と「伝わらない時には一言で説明する」を気をつけています。

ブログを書くのも、これらのトレーニングです。

ブログの場合は不特定多数の人に対してなので、また違った難しさがあります。

 

今回の記事はうまく伝わりましたでしょうか?