株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

収入源が給料一つだけで本当に安定?【副業の必要性】

JALに始まりシャープ・東芝と、日本を代表する企業が困難な状況に突入しています。

かつて日本を代表したような大企業でさえ、厳しい時代です。

こんな世の中でも本当にサラリーマンは安定なのでしょうか?

 

管理人はサラリーマンが良い悪いの前に、収入源が一つしか無い事が綱渡りの状態であると考えています。

もしかしたら同様に考える方も多くなって来て、最近の副業ブームがあるのかもしれません。

そのため何故に収入源が一つなのは危険かについてと、管理人のサラリーマン時代の体験談について。

更に株を副業にして良かった事などを記事にしました。

 

副業を初めて複数の収集源を持とう!

 

管理人はサラリーマン時代に様々な経験をしてきました。

その経験からたどり着いた結論が一つあります。

それは会社だけに依存しているのは危険だということです。

 

この記事ではなぜ会社からの給料だけでは危険なのかと、管理人がそういった考えに至った経験談を最初に書きました。

それから株を選んだ理由や株にして良かったこと。

最後に副収入を得られるようになって変わったことも素直な気持ちで記しました。

副業を考えている人や会社の将来性に疑問を感じているなど、悩めるサラリーマンの役に管理人の経験が少しでも役に立てばと思います。

 

収入源が1つしか無いのは、今の時代安定ではない

 

「サラリーマンは安全」で「投資は怖い」と言われますが、本当にサラリーマンは安心なのでしょうか?

 

サラリーマンは一般的に会社から貰うお給料で生活しています。

会社からの給料しか収入がないと、もし会社の業績が悪化したらどうなるでしょうか?

業績低迷でボーナスカット・無しといった内容はニュースでも良く見ます。

ボーナスで済めばいいですが、最悪だとリストラなんて事もある時代です。

リストラニュースもリーマンショックの時は世間を騒がせていました。

つまりサラリーマンは勤めている会社の将来性に、自らの生活の全てを委ねているのです。

これって怖くないですか?

経営陣が舵取りを間違えたら、生活出来なくなってしまいますよ。

 

管理人もこんな経験をしました

 

こういったことは、会社の業績だけで起こる訳ではありません。

企業方針の変更で事業再編が起こり、自分の所属する部署が無くなる可能性だってあります。

 

実はこれ、管理人が前に勤めていた会社でもありました。

当時の管理人は営業職として、とある会社の営業所にいました。

そこに40歳すぎの方が、営業マンの一員として転属してきたのです。

ここでは仮にAさんとします。

このAさんは20年以上も本社で内勤業務をされており、営業の経験はゼロでした。

先輩達がみんな嫌がったので、まだ20代の若手であった管理人が指導係を勤めることに。

何故こんなことになったのかと言うと、会社が本社を移転したのです。

それに伴って効率化の一環として、本社業務の一部をアウトソーシングしました。

それによってAさんの部署は無くなり、管理人のいた営業所へ営業マンとして来たのです。

会社は今回の本社移転によるリストラはしないと、発表していたのを良く覚えています。

しかし20年以上も内勤義務をしてきた人が、急に勝手の違う営業なんて簡単には出来ません。

しかも当時まだ20代の管理人に教えを乞わないといけないんです。

余程の覚悟がなければ難しいでしょう。

確かに会社は約束通りにリストラはしませんでした。

でもこれって事実上の・・・

管理人はこんな現実を見ているので、サラリーマンが安定だとは思えないんです。

 

ですがもし会社からの給料と副業収入の2つ収入源があれば、給料が減っても副業収入はそのまま残るので影響は半分で済むのです。

投資では投資先を複数に分散することで、一つ一つの影響を小さくしてリスクを分散します。

しかしサラリーマンは一つの会社や一つの業界に、人生の全てをぶっこんでしまっています。

運よく人生を全うするまで、その一つが無事であればいいですが今の時代にそんな保証はありません。

ですがもし副業収入を得ることが出来れば、複数に分散することが出来てリスクを軽減出来ます。

 

副業が投資であれ他のものであれ、重要なのは複数の先からお金が入ってくるメドが有ることです。

これによって周りの環境が変化しても影響を受けにくくなります。

収入源が2つより更に多くなるとリスク低減効果は高いでしょうが、増えすぎたことで一つ一つに目が届かなる可能性もあります。

結果的に返って不安定になることも考えられるので、増やしすぎはよくないでしょう。

自分の出来る範囲で無理なく適度が良さそうです。

 

副業は本業とシナジーがあれば尚更よい

 

何を二つ目の収入源にするかも重要です。

管理人は出来れば、副業は本業とシナジー効果のある内容がいいと思います。

というのも完全にそれぞれが別であると、単純に二倍の労力がかかってしまうからです。

しかし本業でも活かせる内容であればムダがなくなり、自分の時間を最大限に有効利用することが出来ます

 

これも管理人が副業として、株式投資を選んだ理由の一つであります。

株式投資もやり方が色々ありますが、その中でも特に長期投資は会社の業績を見て投資していくのです。

そのため売上や営業利益等の知識が必要になります。

 

これは会社の管理職としても求められる能力です。

実際に私自身も管理職となって業績管理やマネージメントをする必要が出たので勉強している最中でした。

それがそのまま、株式投資にも活用出来たので楽だったです。

 

また投資家として企業分析を行っていくと、どうしても経営者よりの目線になります。

経営者よりの目線を持つことで、本業であるサラリーマンの業務にもいい効果が出ました。

上の人と数字的な内容の話で、真っ向勝負が出来るようになったんですよね。

ズバズバ言っていたので上司からは嫌がられていたかもしれませんが・・・。

 

収入源が複数あると心の余裕が出来る

 

複数の収入源があると不思議と心に余裕が持てます。

もし仮に会社を首になったとしても、食べていける別の物があると落ち着くんですよね。

そしてこの心の余裕が、仕事にも良い影響を与えるんです。

 

肩の力が抜けることで周りの状況がよく見えるようになります。仕事に入り込みすぎるとマイナス面のほうが大きくなるのです。

管理人も仕事にのめり込みすぎて周りが見えなくなり失敗しました。

それについてはこちらで記事にしてあります。

 

www.kabujinse.com

 

 

また違う収入源があることは、今いる会社とは違う視点で世の中と関わっている事になります。

狭い世界にいると分からなくなってしまう事があるんですよね。

そういった狭い世界からも解放されます。

 

狭い世界から解放される事で、今の自分が働いている会社や同じ社員のことも客観的に見ることが出来るようになりました。

客観的に見ると結構バカバカしい事で悩んでいたなって思う事が多いんですよね。