株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

私が管理職なんか、もうやりたくない理由

管理職なんてやりたくないと言う人が増えているという内容のニュースを見ました。

管理人も管理職だった時代があるので、正直その気持ちわかるなーと思います。

なんで、気持ちが分かるのかって?

ええ、そりゃもう、管理人も色々あったのです。

今回はそんな管理人の経験と管理職をやりたくない理由について記事にしてみました。

 

管理職をやりたくない理由

 

管理人は今でこそ投資で食べていけるようになったので、仕事のほうはパートでやっています。

ただ、それ以前にはサラリーマンとして頑張って働いていた時期もありましたし、管理職として右往左往していた事もあります。

 

その時の経験から「もう一度管理職をやるか?」と聞かれたら、正直もう「管理職はしたくないなあ」と思います。

でも、「その理由は何でだろう?」と管理人なりに考えて見たところ、バランスがおかしくなっていた為では無いかと思いました。

 

権限と責任のバランスが悪い

 

管理職をやりたくない理由はこの権限と責任のバランスが悪いのが理由の一つでは無いかと考えます。

会社によっても違いはあるでしょうが、管理人が前にいた会社では管理職といっても何の権限もありませんでした。

 

「会社が決めた事をそのままやればいい」みたいな感じで、部下にも会社からはこういう指示だからと自分の考えとは違う事を言わなければなりませんでした。

正直この自分の考えや感情とは違う事を一緒に仕事している仲間に話して、やって貰わなければならないのは苦痛でしたね。

 

それに、「これはどう考えても上手くいかないでしょ!?」と言うようなこともやらなければいけませんでした。

そうしないと部署の評価が下がるので、自分以外の一緒に働いている部下の昇給やボーナスにも影響してしまうからです。

 

そうやって仕方無くやって予想通りに失敗するとなぜかその責任や尻拭いはこちらに来るんですよね。

自分で始めて上手くいかなかったものの責任ならばいくらでも取りますし、後始末ももちろん自分でやります。

 

でも、これは上手く行かないから止めた方が良いって言っているにも関わらず、「ぐだぐた言わずにいいからやれ」と言われて仕方なくやって失敗したものの責任も取らされるって・・・と思っていました。

 

せめて失敗を認めて中止してくれれば被害は最小限で済むのですが、それをしないからズルズルと成果の上がらないものが続いてどんどん生産性が下がるという悲しい結末になると。

 

たまたま管理人がいた会社が悪かったのかも知れませんが昔のことを思い出してちょっと愚痴ってしまいました。

 

まとめ

 

ようは責任を押し付けるなら権限をよこせと。

そして、責任と権限の詳細をはっきりさせて欲しいということです。

 

現場に権限を与えないならばそれを決めた人間が責任を取り、失敗を認めて速やかに中止して欲しいということです。

 

その為にも、責任の所在を明確にしてもらう必要があります。

そこがはっきりしていないから「うやむや」になりやすいのです。

 

そして、責任と権限のバランスと所在が崩れているから理不尽に感じて、管理職という仕事がつまらなく感じてしまうと思います。

 

ただ、ちゃんと責任を負うかわりに権限も貰えれば「管理職ってとてもやりがいがあって本当は面白いんじゃないか?」とも思います。

たまたま、管理人の環境が悪かっただけなのかもしれません。

 

もし、また機会が貰える事があったらチャレンジしてみたいです。

 

もちろん趣味等の私生活を大事にしたいという理由等で管理職をしたくないという方もいらっしゃると思います。

あくまで管理人の場合にはです。

 

それと、当時はこういった事があるとそれをエネルギーに変えて、「絶対働かなくても良くなってやる」と投資ついての勉強に燃えていました。