株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

銀行預金が安全では無く危険性がある理由【預金の仕組みとリスク】

投資は危険だが銀行預金は安全であると、考えている人も多いのではないでしょうか。

でも実は銀行にお金を預けるというのは、投資をしているのと大きく違わないのです。

 

そもそも銀行預金とはどのような性質のものなのか、どんな危険がるのかについて管理人の考えをまとめました。

 

目次

銀行預金は本当に安全なのか

 

投資をしていることや株を保有している事を人に話すと、色んな方から大丈夫?やばくない?と言われます。

 

そう言われる方の多くは、銀行預金は安全であると思われているようです。

しかし管理人は、銀行預金には少なからずリスクがあると思っています。

皆さんが思われているほど安心出来る物ではないと考えているのです。

それが何故かについて一つずつ説明していきたいと思います。

まずは銀行ってどんな業務をしているのかについてです。

 

 

管理人が考える銀行の業務

 

そもそも銀行とはどういった事業を行っている会社なのでしょうか?

銀行って身近なものなのに案外しらないものだったりします。

そこで管理人なりに、銀行の仕事がどんなものか考えて書いてみました。

 

銀行とは預金者から預かった金銭を、「資金を必要としている人」や「会社」へ貸すのが主業務になります。

預金者から預かったお金は住宅ローンや自動車ローンへと形を変えて個人の方へ、事業資金として法人へ、そして大きな借り手として国の借金に変わっていくわけです。

つまり銀行とは「お金を借りたい人」と「お金を貸したい人」の間を繋ぐ仲介業に近いと管理人は考えています。

イメージとしては不動産屋さんかなと思います。

不動産屋さんは「家を貸したい人」と「家を借りたい人」を結びつけて手数料をもらうことで収益を上げています。

 

銀行は「お金を貸したい人」と「お金を借りたい人」の間を繋いで、その金利差で利益を稼いでいます。

もちろん銀行の業務はそれだけでは無いため、あくまで一面からみるとになります。

 

銀行はお金の倉庫では無く、我々が預け入れているお金の多くは他の誰かに貸し出しされているのです。

そのため実は銀行にお金を預けることは、その時点で「銀行へ委託して投資」をしてることと同じになると管理人は考えています。

その対価として、預金金利が貰えるのです。

 

そして投資をしていると言うことは、当然リスクがあります。

リスクの無い投資はありません。

 

銀行預金のリスク

 

銀行預金のリスクにどういった物あるかと言うと、

まず預金者は銀行にお金を貸している訳なので銀行が経営破綻したときにはその預金を失うことになります。

一部は返ってくるかもしれませんが、破綻する位の状態なので期待しないほうが良いでしょう。

 

ただし日本では普通の預金ならば、1000万円までは国が預金を保護してくれるます。

そのため仮に銀行が破綻したとしても1000万円までは無事です。

これは1つの金融機関毎になるため、複数の金融機関へ分けて預金すれば1千万円を超えて守ることも出来ます。

 

それなら銀行預金は安全ではないかと思われるかもしれませんが、銀行預金がかかえるリスクはそれだけではありません。

銀行預金で保護されるのはあくまで額面のみであり、物価の上昇による価値の低下は保護されません。

 

お金の価値は変動する

 

今まで100円で買えていた物の値段が150円になったとすると、その分お金の価値が下がったことになります。

いくら額面の100円が変わらないとしても、その100円で買える物の量が減ってしまえば、結果的に資産が減ったのと変わりありません。

 

額面は変わらなくとも、その「購買力が減少」してしまうのです。

これが銀行預金の抱えているリスクです。

 

ただ逆に「物の値段が下がるデフレ」になると、同じ100円で今までより多くの物が買えるので、お金の価値が上がることになります。

日本では長くデフレが続いていたので、銀行預金には良い時代でした。

 

国はインフレにしようと頑張っている

 

ここ最近は政府や日銀が一生懸命にデフレの逆で、「物価が上昇するインフレ」にしようと頑張っています。

 

実際にインフレになるかはわかりませんが、管理人自身は「ここ最近は身近な物の値段が上がっている」と、感じることが増えてきました。

皆様はどうでしょうか。

 

実はインフレになると銀行預金の金利も上昇するため、物価の上昇による影響を緩和してくれます。

ただし物価の上昇に金利が追いつかない事が多いため、銀行預金はインフレが進む中ではその購買力を低下させてしまう可能性が高くなります。

 

特に今は政府が物価を一生懸命上昇させつつ、日銀が力ずくで金利を下げているため、その影響が大きくなっていると思われます。

 

 

更に円安の進行も物価の上昇に拍車を掛けています。 

日本は資源など多くの物を輸入に頼っているため円安になると物の値段が上がってしまいます。

ここ最近の値段の上昇にはこういった要因もあると思われます。

管理人は車が好きなのですが、車の値段もどんどん上がっており悲しい限りです。

 

株はどうなのか

 

ここで少し株の話をしたいと思います。

 

インフレになると物の値段が上がるので、それらを販売している企業の売上は当然上昇します。

100円で売っていたものを150円で販売することになるので、そのまま売り上げが増えます。

 

そして株価は長期的には業績に連動するため、企業の売り上げの上昇に伴い結果として株価は上昇することになります。

インフレになって株価が大きく下落することもありますが、それはインフレに伴う「不況」によって株価が一時的に下がる為と管理人は考えています。

 

そのため景気が改善してくると、「不況の改善+インフレによる企業売上の上昇」によって急激に株価が上昇していきます。

基本的にインフレは株価の上昇要因であると管理人は考えています。

 

株式投資のリスクに関しては、こちらで記事してあります

 

www.kabujinse.com

 

資産の守り方

 

上に記載したような内容から「銀行預金はデフレに強く」、「株はインフレに強い」と管理人は考えています。

 

そのため資産を守るという観点からは、預金(債券)と株を半々に持つのが良いのかなと思っています。

 

手間を掛けないようにするのであれば、

株のインデックスファンドと銀行預金(もしくは個人向け国債)に分けるのが良いのではないでしょうか。

株のインデックスファンドは、出来れば一気に買わずに少しずつ購入していくのがお薦めです。

 

管理人は資産の95%を株にしている変人なので、そういった運用はしていませんが・・・

 

それには理由があり、

世の中の役に立つような事業を行っている優良企業の株を適正な値段で買うことが出来れば、それが最も安全あると考えているからです。

 

世の中の役に立つような事業を行っている会社であれば、インフレになってもデフレになっても、不況になろうとも必要とされるからです。

そして株を持つということは、そういった世の中の役に立っている会社の所有権を得ることだからです。