株で人生変えたサラリーマンブログ

市場の上げ下げに付き合わない長期投資を実践しています

個人投資家が経営者を評価するのは難しい【ファンダメンタル評価】

株を購入する時に企業評価を行うかたも多いと思います。そのときに経営者の質の評価をしようとする人もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

しかし実際に個人投資家が経営者を評価するのは難しいですよね。管理人は長期投資家として、経営者の評価をどうしているのかについて今回は記事にしてみました。

 

目次

株の投資先企業の経営者をどう評価するのか

 

今回は違う記事を掲載しようと思っていたのですが、LIXILのニュースを見て急遽変更しました。

LIXILでは二代続けて招聘したプロ経営者を解任し、創業者の子供が経営に携わることになったとのニュースでした。

これに対して批判が出ており株価もかなり下がっています。

 

正直なところ管理人は、この新しい経営者のことについて何も知りません。

記事から見ても経営者としての手腕は未知数のようで、評価が出来るような状況では無さそうです。

それでもこの事に触れたのは、個人投資家にとって経営者の質の判断はとても大切なのに、とても難しいからになります。

 

経営者の良し悪しはとても大切

 

管理人が目標とするバフェットや他の優秀な投資家の人は、揃って経営者の質は重要だと言っています。

管理人自身も株主にとっては、経営者の能力は重要性が高い物であるとの考えです。

 

ですが実際にそれを評価しようとすると、「どうすればいいの?」といった状態になってしまいます。

直接会って話が出来れば最高ですが、そんなことは現実的に難しいですし・・・

 

メディアへの露出が多い経営者であれば、そういった情報も入ってくるので可能だとは思います。

しかし管理人は、基本的にこういった露出の多い経営者は好みません。

 

理由としては露出の多い経営者の方は派手な生活をしている人が多いからです。

私生活が派手で散財しているような人は、会社のお金も浪費してしまう傾向が強いと考えています。

こういった会社はイケイケのときはいいですが、一度落ち目になると急激に落下していく印象です。

 

もちろんメディアに出ている人のすべてがそうだという訳ではなく、とても誠実に事業をされている方もいらっしゃいます。

また公私をしっかりと切り分けている方もいらっしゃいます。あくまで比率的に多い印象であるというだけです。

 

経営者個人の情報がほとんどないような場合はどうするか

 

経営者のメディア露出がほとんど無く、情報がまったく入って来ないケースもあります。

管理人が良く投資するような不人気株は、むしろこういった場合が多いです。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

管理人の場合は実のところ経営者個人への評価は諦めています。特に何もしていません。

 

ただし経営者個人への評価を諦めているだけで、その会社が誠実であるかという事は見ています。

個人への評価は難しくても、上場している会社であればIRの発表などで必ず発信があるため、それを見て会社全体としては評価することが可能です。

 

こんなところから会社全体として評価する

 

経営者を評価することが難しいのでせずに、会社全体を評価するとはどういったことなのでしょうか。

 

例えば売上は増加しているが、利益が低下している「増収減益」のようなケースがあったとします。

そういった時に株主通信などで増収の事ばかりに触れて、減益については一切の言及がないような会社が数多くあるのです。

対してきちんと減益の原因を発表した上で、今後この問題にどうやって取り組んでいくかを説明してくれる会社もあります。

 

同じ減益ですが、当然後者のほうが会社としての評価は高くなります。

このような形で経営者個人は情報が少なくて評価することが難しくても、会社全体としては評価することが可能です。

自分のサラリーマンとしての経験的にも、社長のスタンスは会社のスタンスになっていることが多いので、結果的に経営者を評価したことに近くなると考えています。

 

ただ株を買うかについては、誠実さに欠ける可能性が高い会社でも投資しないという訳ではありません。

その分リスクが高いと考えて、より安全域を広くとる(より割安で買う)ことにしています。