株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

異業種M&Aや企業の多角化には注意が必要【株投資家の視点から】

日本はこれから人口が減少していく事が予想されています。

それに伴って市場が縮小していくことを企業も理解しているため、新規ビジネスを展開する方向へ進みがちです。

そういった時に本業と近い領域へ手を広げるケースもありますが、会社によっては従来とはまったく毛色の違う業界や業種に進出していくケースが見受けられるようです。

 

しかし我々投資家はこういった企業の多角化には、十分にすぎる程の注意を払う必要があると管理人は考えています。

なぜ事業の多角化には警戒が必要なのか。それについて今回は記事にしました。

 

事業の多角化には注意が必要

 

少し前にライザップの決算発表があったのですが、とてつもない業績の悪化で大きな話題になっていました。

ライザップ自体はテレビCMのお陰で有名ですが、

実は個人投資家の間で投資先としてもかなり注目されていました。

管理人は特にライザップ株を買ってはいないのですが、直近で出た決算があまりに酷い内容であり、さすがにこれはアカンやつだなと思って改めてチェックしてみました。

ライザップは個人投資家に人気のある会社だったので、決して他人事ではありません。

 

さて、このライザップはなぜ急速に業績が悪化したのでしょう?

 

実はその理由の一つに事業の急速な多角化があります。

一つの企業が色々な事業を持っていると、売上や利益が複数に分散されて、一見すると良さそうに見えるかもしれません。

しかし実はこういった複数領域に手を出している会社は、投資家から見るとむしろ要注意なんです。

実際に管理人は自分が株を保有している会社が、事業を多角化する方向へ進んだ時には非常に警戒します。

過去の経験から、とてもとても注意が必要であると考えているからです。

 

ちなみにライザップは、「負ののれん」を積極的に計上していたりとかなり特殊な状況です。

ライザップの決算には色々なマジックが使われてしまっており、普通ではない状態だったので一例としては極端すぎて不適切と考えました。

そのため今回はライザップの決算についてでは無く、一般的な企業にも当てはまる内容にしてあります。

 

多角化した複合企業はコングロマリットと呼ばれる

 

今回のライザップのように、ある企業が積極的にM&Aを繰り返し、急速に多角化していく事があります。

ちなみにこういった多角化した複合企業を、「コングロマリット」という事もあります。

ちょっと投資やっている人っぽい呼び方ですよね。

言い方はかっこいいですが、コングロマリットに投資するのは非常に注意が必要です。

 

管理人は投資家としての経験から、こうした複合企業や急速な多角化には警戒が必要であるこを学びました。

なぜ複合企業を警戒しているのかについて、これから触れていきます。

 

投資家としては複合企業に注意しよう

 

まずそのものずばり、なぜ複合企業や事業の多角化に注意が必要かというと。

多業種に手をだした複合企業が、うまく行くケースは非常に希だからです。

経験的に多角化した企業の大半は、その後に業績を落としていきました。

 

しかもやっかいなのが、意外にもこういった急速な多角化は、その企業の事業が好調な時に起こりやすいということです。

 

どうも経営者の方は自分の経営している会社の業績が好調であると、他のどんな業種でも自分が経営すれば良くなると思ってしまう傾向があるようです。

投資家の人もなまじ好調な会社であるが故につられ易く、被害が拡大することがあります。

 

更に業績好調な会社が企業買収するため、買収先の企業に親会社が過剰に口を出してしまうことが多くなります。

しかし業種や業界による違いは大きいので、同じ経営手法がすべての業種で通じる訳ではありません。

こうして買収先の企業が、更に業績を落として行ってしまうこともあります。

 

もちろん業績が好調な時だけで無く、本業がまずくなっている時に別の業種の買収へ乗り出すこともあります。

これは本当に一か八か的な要素が多いので、かなり危険な状況です。

ただこれは誰が見てもわかりやすいですし、株価も危機を織り込んで既に安値になっているケースが多いのでは無いでしょうか。

 

また投資家としては、それらとは別の問題もあります。

管理人のようにファンダメンタルで投資する人にとっては、多業種に手を出されると業績の進捗を確認するのが困難となってしまうのです。

撤退や投資の継続などの判断を下す際に、とても難しくなります。

シンプルな事業を行っている会社に比べて、複合企業は投資難易度が上がるのです。

 

多角化がうまく行くのは、こんなケースが多い

 

また事業の多角化も全て駄目というわけではなく、上手く行くこともあります。

成功するケースは買収した親会社があまり口出しをせずに、買収先の企業に運営を任せたときに多いようです。

他業種のことは、その道のプロフェッショナルに任せるということですね。

餅は餅屋ということでしょうか。

 

この場合はその道のプロに任せているので、仮に相手の業界への理解が足りなかったとしても問題ないからと思われます。

しかし実際にこういったケースは非常に少なく、完全に任せるというのは難しい事が多いようです。

どうしても力関係があり、親会社が口出ししてしまう。

とくに買収先企業の業績が低迷すると余計に親会社からの口出しが増えてしまい、更にズルズルと業績が悪化していくように見受けられます。

 

シナジー効果が見込めるような関連業種のM&Aは良い感じのことが多い

 

色々と話をしてきましたが、別にM&Aが悪いという訳ではありません。

今回のような例は「本業とまったく関係のないような異業種」に手を出したようなケースで多く見受けられます。

本業とシナジー効果が見込めるような関連性のあるところに手を広げる際には、異業種と違いうまく行くケースが多いイメージです。

 

同業界のほうが通じる部分も大きく、相手の会社の事についても理解し易くなるからでは無いかと管理人は思っています。

お互いにある程度わかっているので、やりやすいんでしょう。

しかし同業界であっても、企業風土が違いすぎると難しいケースもあります。

 

実際にこれは、管理人がサラリーマンの時に経験しました。

管理人が当時サラリーマンとして働いていた会社が、企業風土の大きく異なる会社を買収して、管理人がその買収先企業に入りました。

親会社のやり方を、買収先企業に浸透させるためにです。

いやーこれは、思い出したくないくらい大変でしたね。

しかもあれだけ苦労したのに、結局その買収先企業はまた他に売却されていきました。

まあ上手くいってなかったですしね。

管理人の能力不足?

それもあるかもしれません。

しかしながら買収後に混乱するのは、相手の企業への理解が不足している事が一因としてあるのは、管理人の経験からも間違いないでしょう。

 

まとめ

 

我々投資家としては複合企業に投資をしたり、持ち株の会社が多角化に進みだしたときには細心の注意を払う必要があると管理人は考えています。

複合企業が上手く行くことは非常に希だからです。

持ち株の企業や株を買うことを検討している会社が、企業買収を行う時には以下のような点に注意しないといけません。

  1. 経営者は自分が万能であると思い込んでいないか
  2. シナジー効果が出るような買収先なのか
  3. 買収先企業と企業風土は合うのか。もしくは口出しせずに任せられるのか
  4. 業績を追っていく上で障害にならないか
  5. 財務状況は適正範囲内か

などなど様々な注意を行っていく必要が出て来ます。

 

 ↓↓↓管理人が経営者を評価することについての考えは、こちらで記事にしました。

www.kabujinse.com

 

 ↓↓↓株を買う時には分かりやすい会社がいいことは、こちらで記事にしました。

www.kabujinse.com