株で人生変えたサラリーマンブログ

株式市場の上げ下げに付き合わない株の長期投資を実践中です。趣味の車やドライブについての記事も書いています。

【株で人生変えた】サラリーマン→兼業投資家→経済的自由への軌跡

はじめまして。管理人の株サラです。

管理人は投資を始めることで株と出会い、人生が変わりました。

お金を稼ぐための労働から解放される事があるなんて、昔の自分では考えもつかなかったでしょう。

しかし経済的自由の獲得は可能です。それは管理人が身をもって体験しました。

そして今では、自分でも想像していなかった人生を歩み始めることになったのです。

株や投資に感謝していると共に、自分以外の人にもこんな世界がある事を知って欲しくてブログをはじめました。

普通のサラリーマンであった管理人が、経済的自由を得るまでの道のりを最初の記事にしています。

 

普通のサラリーマンが労働から解放されるまで

 

サラリーマン時代について

 

最初に管理人のサラリーマン時代の話から始めたいと思います。

管理人が大学を卒業した年は、就職氷河期の真っ只中でした。

就職活動はとても苦労したのを覚えています。

100社位にエントリーシート(当時はまだ紙ベースが普通でした)を出して、20社近く面接しましたが大半は落ちました。

しかし運良く採用してくれた企業があったので、そこへ就職してサラリーマン生活が始まったのです。

 

はじめての社会人は酷いものでした

 

就職活動に苦労してやっと会社勤めをはじめることが出来たくせに、働き始めた当初は本当にダメダメでした。

今になって思うと、ぶっ飛んでいる位にやる気が無かったです。

ほんとに毎日毎日、先輩や上司に怒られてばかり。

外回りのある仕事だったのですが、会社に戻るとまた何か言われるので帰社するのが本当に嫌でした。

 

しかしある時にこのままではいけないと考えました。

そこで転職を機に一念発起したのです。なんと! 仕事を頑張り始めました。

それが認められたのかは分かりませんが、転職後には早い段階で管理職に出世することになります。

そこから更にもう一度の転職を経て、管理職としてもがき苦しみながら当時は働いていました。

ただこの頃から少しずつ、会社そのものや業界の将来性・自分の人生に疑念を持ち始めたのです。

 

頑張って働いたが故に、、その先にある「限界や無理さ」が見えてしまいました

 

このままサラリーマンを続けたとしても、行き着く限界が見えてしまったのです。

そして現在の厳しい労働を、年取った時に続けられないのではとも思いました。

そして働かないでも生きていける道を模索し、投資に興味を持ちました。

 

投資に出会ってからはサラリーマンとしても変化が

 

不思議な事に投資を始めると、サラリーマンとしての仕事にも変化が現れたのです。

なんと、、サラリーマンとしても一皮むけはじめました。

管理人が始めたのは株式投資だったので、株を買うことで企業の株主になるわけです。

そして株主というのはある意味で、経営者よりも更に高い位置から会社を眺めています。

経営者はどうしても自分の会社が属する業界のしがらみや、業界特有の常識に囚われてしまう傾向があるのです。

しかし株式投資家の場合は、たいてい複数の銘柄や業界に分散しているので、業界固有の価値観に縛られていません。

常識に囚われずに視野が広いのです。

 

また自分が他の会社の株主になることで、自分が働いている会社に対しても客観的な視点から見るようになります。

更に長期投資家として成果を出すために、業績や決算の見方も学んだので数字にも強くなっていきました。

そして投資を始める以前よりも、自分の勤めている会社の状況がよくわかり理解が深まったのです。

 

当時のサラリーマンとしての管理人は、「株主としての視点を持ち」さらに「数字を元に話を進める」管理職でした。

たぶん上司からは嫌われていましたね。ちょっと面倒くさかったんだと思います。

そんな達観した管理職時代もありました。

 

その後は投資家として成果が出てきたので降格させてもらい、「のんびり平社員」を経て、現在は「のんびりパート」になっています。

こういった経緯から管理人は会社員として、かなり多くの経験をしました。

ダメ社員 → モーレツ社員 → モーレツ管理職 → 達観管理職 → のんびり社員 → のんびりパート(現在)

色々な経験をさせてもらった会社員時代でした。(一応いまも働いています)

 

長期投資との出会い 

 

次に投資家としての遍歴についてです。

株を始める多くの方がそうかもしれませんが、管理人も株をはじめた当初はチャートを見て売買していました。

サラリーマンもしていたので、時間的な関係からいわゆるスイング投資です。

株の売買は楽しくて夢中になりましたが未来が見えず、その頃は株に人生をかけても良いとは思えませんでした。

 

それに正直なところ当時は、全く成果が出ていなかったです。

チャートを見て売買する取引で利益を出せる人が、今でも凄いな~と思います。

特別な才能を持っているのかなと。

残念ながら管理人にはそんな才能はありませんでした。

成果も出ずに段々と株で収益をあげるのなんて、ムリなんじゃないかと迷い始めた頃です。

 

そんな時に、ある出会いがありました。

 

当時読んでいた投資本の中で、ウォーレンバフェットについての記述があったのです。

そして世界最高の投資家であり、同時に優れた経営者でもあるウォーレンバフェットに心の底から魅了されました。

お金を稼ぎたいとか働きたく無いとかそんな物を遙かに超えて、この人の生き方や考え方に感銘を受けたのです。

このバフェットが長期投資家であったことから、管理人も長期投資を始めることになりました。

 

なによりもバフェットに出会い一番変わったのは、「株式投資には人生をかける価値がある」と知った事です。

そして長期投資は日中に株価を見る必要がないので、サラリーマンの副業としても最適でした。

 

長期投資家として試行錯誤

 

長期投資家としてバフェットのようになりたいと、管理人は思いました。

しかしバフェットと同じような投資をしようとすると、問題にぶつかりました。

日本株にはバフェット銘柄と呼べる投資先が、ほとんど見当たらない事実にぶち当たったのです。

 

そこで参考にしたのがピーターリンチです。

実は管理人の投資はピーターリンチをまねた部分が多くなっています。

ピーターリンチの投資方法は、日本株にもマッチすると考えたからです。

結果的に管理人の投資はバフェットの影響を強く受けていますが、実際の投資方法はピーターリンチを参考にした比率が高くなっています。

 

ピーターリンチの投資については、本も出ているので是非に読んでみてください。

 

管理人の投資方法

 

管理人はピーターリンチの影響を強く受けているとはいえ、元々はバフェットに心惹かれて長期投資家になっています。

バフェットは投資期間は永遠という投資家であるので、管理人も株の保有期間が長めになっていることが多いです。

基本的に株は5~10年以上保有するつもりで買っています。

そのためサラリーマンをしながらでも、問題なく続けることが出来ました。

 

また株の売り時に関しては、未だに定まっておらず、チョコチョコ変わっているのでその時々で違うかもしれません。

株は買い時よりも売り時が難しいと言いますが、本当にその通りであることを実感しています。

 

経済的自由を得て労働から解放

 

サラリーマンとして働きながら長期投資家として活動している内に、いつのまにか給料を投資収入が上回りました。

 

そして 投資収益 > 生活費 ともなりましたので、「経済的自由を得る」ことが出来たのです。

それを機にサラリーマンとしての仕事は徐々に減らし、現在はパートとして働いています。

結果として以前よりも時間的に余裕が出来たため、ブログを始める事も出来ました。

 

ですが何よりも経済的自由を得て良かったのは、嫌ならば働かなくても良いという心の余裕を得られたことです。

この心の余裕があることでストレスが激減しました。

「働かなければいけない」状況なのと「辞めてもいいが働いている」では、本当に大きな差がありました。

ただここまで来るのに10年近く掛かりましたので、投資を始めてすぐに労働から解放された訳ではありません。

しかしスタートを切らなければ経済的自由を得ることは出来ませんので、もし興味があれば投資開始を検討してみはいかかでしょうか。

管理人も最初は勢いでしたよ。

 

↓↓↓↓株が怖いって人は、こちらで株式投資のリスクを記事にしておきました。

www.kabujinse.com

 

↓↓↓↓また株式投資を始めるために元手がどれくらい必要なのかもこちらで記事にしてあります。

www.kabujinse.com